ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

社畜の嘆き「2月29日を祝日に」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ネット上では、社会人たちが自らを「社畜」と呼び、自虐ネタを投稿するのが定番の光景。今年はうるう年のため、「2月が1日長い」ということをネタにした、Twitterへのつぶやきがあふれている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

例えば、年明け早々にも

「速報
今年は閏年です
社畜のみなさああああああん!!!
1日多く働けますよおおおおおおおお」

などと破れかぶれのようなツイートが散見されるほか、1月末から2月になると、

「今年は2月が29日まである社畜イヤーか」

と震える声が増加。その他、

「うるう年だから29日までありますね 1日多く仕事しても給料同じなのが残念←」
「今年はうるう年だから同じ2月でも同じ給料で1日多く働かなきゃいけないからクソ」
「うるう年なのに給料増えないのおかしくね?」
「事実。閏年の2月は、例年より1ヶ月が1日多いのに給料変わらない」

など、何だか損をしたような気持ち(?)になる人も続出している。

さらには、

「今年うるう年やで2月29日あるけど
2月29日は祝日にすべきやと思う」
「うるう年の2/29日問答無用で休みにして欲しい」

という主張も…。

今年の2月29日は月曜日。5回月曜日があることも、長く感じさせる要因なのかもしれない…。
(花賀 太)
(R25編集部)

社畜の嘆き「2月29日を祝日に」はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

「会社仕事嫌い」社畜のKSK続々
「勤労感謝の日」社畜の新解釈は?
4年に1度、2月29日生まれの特権
絶望感漂う社畜川柳 今年も続々
ツイッター「社畜童話」が次々登場

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP