ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

魔女の知恵で幸せに。バレンタインにぴったりな「願掛け毒リンゴ」!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

白雪姫がかじった毒リンゴ。そのリンゴには王妃の強い願いが込められていました。真っ赤なリンゴには、人の思いを宿すパワーがあるのかもしれません。

魔法は使い方を誤れば大変危険なものですが、しっかり自分自身と向き合えば、強い勇気を与えてくれるもの。情熱、恋の色をまとったリンゴに魔法をかけて、バレンタインのスイーツを作ってみませんか?

魔女がプロデュースした毒リンゴ

白雪姫の物語に登場する毒リンゴが、もしも現実にあったら、ちょっとこわいけれど面白いですよね。山形県にある黒猫魔術店では、バレンタイン限定で「愛の願掛け毒林檎」を発売します。


(C) 黒猫魔術店

注意書きに「※毒は入っていません。」とあり、思わずクスっとしてしまいますが、内容はいたって真剣。

「自分に自信が持てない」「なかなか思いを伝えられず苦しい」「恋に臆病な自分を変えたい」など、女性なら誰でも恋愛で悩んだことはあるはず。魔法の毒リンゴは、そんな女性の背中をそっと押してくれるアイテムです。いにしえから伝わる魔女の知恵をかりて、毒リンゴに願をかけ、先へ一歩踏み出すための勇気を手に入れましょう。

毒リンゴの作り方とは?

毒リンゴはパワースポット、山形県庄内の霊峰・出羽三山の麓の農園で育ったもの。お値段は10,800円(税込・送料込)とお高いですが、特別栽培で育てられたものなので、希少価値も高そうです。


(C) 黒猫魔術店

箱の中には願掛けの説明書が添えられており、その手順のとおりにまじないをかけ、リンゴにパワーを注ぎます。


(C) 黒猫魔術店

炎で浄化するため、リンゴは火を通して調理します。焼きリンゴやアップルパイなどのスイーツを作って、意中のお相手にプレゼントしてみてはいかが。黒いワンピースを着て魔女になった気分で、願掛け・スイーツ作りを楽しむのもいいですね。

魔女からのステキなメッセージ

最後に。黒猫魔術店の魔女、蜜猫さんからのメッセージをお伝えします。

「願いを叶えるものは誰でもない、自分自身だということに気付いてほしい」

どんなことでもチャレンジしてみなくちゃ、結果は分かりませんよね。魔女のステキな教えを、いつも胸に留めておきたいものです。

[Photos by Shutterstock.com]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP