ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

禁煙治療の専門家がサポート!スマートツール「SmokingStopper」で今年こそ禁煙

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SmokingStopper愛煙家の中には、健康のためにタバコをやめたいと思いつつ、なかなか実行できずに悩んでいる人もいるだろう。

そんなあなたには、国際的見本市「CES 2016」で初お目見えした、禁煙を後押ししてくれるスマートツール「SmokingStopper」を紹介したい。

・本体ケースとアプリで動作

現代のテクノロジーを活用し、効果的に禁煙を促進しようという試みで、タバコを入れるシガレットケースと、専用アプリで動作するものだ。

SmokingStopper2本体ケースは、開けられたことを感知し、タバコの消費数をカウント。リアルタイムでモニターされた情報はすぐにBluetoothを通じて、専用アプリへと送られる。

・禁煙目標を立てよう

開発チームには、エンジニア、デザイナーのほか、タバコ治療の専門家が参加。まずユーザーは、禁煙・減煙するための目標を立てるのだが、人それぞれ1日のタバコ消費量も生活習慣も異なる。

アプリでは62の喫煙者のプロフィールパターンを網羅しており、各ユーザーに合わせた禁煙目標を立てる手助けをしてくれる。心理的、感情的な面のほか、フィットネスをおこなう習慣があるとか、ライフスタイルや病歴を考慮してくれるのもありがたい。

SmokingStopper31日のタバコ消費量のほか、健康面の利益評価をしたり、いくらお金の節約になっているか計算したりする機能があって面白い。

・専門家のサポートを受けられる

「SmokingStopper」では何より、タバコ治療の専門家にコンタクトを取れる点が大きなメリット。専門家のアドバイスを閲覧したり、サポートを要請できることは心強い。

本体アルミケースにはカラーバリエーションがあるので、男性も女性も利用でき、かさばらないので、ポケットやバッグに入れて持ち歩ける。今度こそ禁煙したいあなたの力になってくれそうだ。

SmokingStopper

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。