ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

石坂浩二を排除した鑑定団P 現場に逆らう者なし

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月に23年目を迎えるテレビ東京系の長寿番組『開運!なんでも鑑定団』が大揺れだ。発端は1月末、『女性自身』が報じた番組司会・石坂浩二(74才)と同番組制作者の確執だった。

 石坂は司会者でありながら、2年前から画面にほとんど映らなくなり、オンエアで使われるコメントも激減。石坂が制作者とトラブルを起こし、“報復”として彼の発言が意図的にカットされているのだという。一体何があったのか、元番組制作スタッフに話を聞くことができた。事件は今から10年ほど前、番組の忘年会で起きたという。

「当時、番組制作会社『N』に所属するAさんが『鑑定団』の2代目プロデューサーに就任したばかりでした。このAさんが問題でね。忘年会の席で、初対面の石坂さんに絡みだしたんです。挨拶もせずに、“あの『鑑定ルーム』(石坂がメインのコーナー)さぁ、なんでやってんの? 意味ないじゃん”って。酔っ払っていたとはいえ、あまりに失礼な言い方でした」(元番組制作スタッフ)

 そうやって酔って絡むA氏に対し、最初は大人の対応を見せていた石坂だったが、ついに「いい加減にしろ!」と怒鳴ったのだという。この一件をきっかけに、2人に深い確執が生まれたのだ。

 いびつな力関係が露呈したのが、2011年のことだった。

「もともと『鑑定団』は制作会社に丸投げで、テレ東が口を出すことはない特殊な番組でした。放送開始当初から、番組の方向性を決めていたのは司会の島田紳助さん(59才)。石坂さんを口説いたのも紳助さんですからね。でも彼は2011年に芸能界を引退。以来、Aさんの独断専行に歯止めがかからなくなったんです。

 彼は鑑定をより専門的にして、教養色を強めようとした。当然それは、バラエティー色を排除することにつながります。司会のしゃべりやウンチクなんていらない。意向に沿わないスタッフはおのずと辞めていき、現場でAさんに意見を言う人は誰もいなくなりました」(前出・元スタッフ)

 レギュラー鑑定士も、A氏の意向を汲む2人を残し、全員入れ替えとなった。番組改革を進めたいA氏にとって、最大の障害が石坂だった。

「石坂さんは誰よりも番組のことを考えていて、自分がいいと思ったことは貫く人です。加えて古参でギャラも高い。制作費を圧迫するうえ、思い通りにも動かない彼は“目の上のたんこぶ”だったんです」(テレビ関係者)

 忘年会の因縁もある。彼の起用を後押しした紳助もいない。今こそ石坂を追放できないか──。その一手として始めたのが、出演シーンのカットだった。

「番組内での存在感を消してしまったわけです。結果、彼を映さなくなっても、そんなに視聴率は変わらなかった。“石坂なしでも番組は成り立つ”という思いが強まったのでしょう。コメントのカットはどんどんエスカレートしていった。

 でも、石坂さんは賢い人ですから。嫌がらせをのらりくらりとかわし続けてね。今田さん相手に、わざときわどくて使いづらいコメントをしたり。“おれは自由なんだ”という彼のアピールがまた、Aさんの神経を逆なでしたのでしょう」(前出・テレビ関係者)

 両者の溝は深まる一方となり、3月末での石坂の降板が決まった。後任はフリーアナウンサーの福澤朗氏(52才)となる。

※女性セブン2016年2月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
石坂浩二は「鑑定団」収録時無言?に「そんなことはない」
プラモ歴50年の石坂浩二 離れた人にも戻ってきて欲しいと願う
石坂浩二 場に慣れることで風格が出ると緒形拳から教わった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。