ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

平壌冷麺専門店もある!手軽に身近に楽しめる北朝鮮の文化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

筆者撮影

こんにちは、TRiPORTライターの新田浩之です。
今回は、日本にいながら北朝鮮の文化に触れる方法をお伝えします。「北朝鮮」と聞くと思わず身構える方も多いかもしれません。確かに、政治面では日朝の間に多くの問題があるのは事実です。ただ、長年、朝鮮半島で培われた文化が存在することは否定できません。せっかくの機会に、私たちが知らない北朝鮮の文化を覗いてみませんか。

北朝鮮の文化を知ることができる「朝鮮の声」

一番手っ取り早く北朝鮮の文化を学ぶ方法はラジオです。実は北朝鮮から日本向けに、日本語で放送される「朝鮮の声」という番組があります。この番組の内容は、99.9%は指導者を称えるプロパガンダ放送。ただ、たまに北朝鮮の文化や歴史、料理などを紹介することがあります。これが実に興味深くおもしろいのです。夏には平壌冷麺について特集することも。また、平壌以外の地方都市の見所なども紹介してくれます。

しかし近年、「朝鮮の声」は文化面の番組を縮小し、音楽の番組を増やす傾向にあります。その代わりなのかは定かではありませんが、「朝鮮の声」日本語課のホームページができました。ホームページの「自然・名勝」「歴史」のコーナーは日本語で書かれています。プロパガンダ的要素はありますが、北朝鮮の文化を学べることは間違いありません。

筆者撮影

北朝鮮の代表料理、平壌冷麺を食べる

北朝鮮の料理といえば「平壌冷麺」です。平壌冷麺が広まったのは皮肉にも1950年の朝鮮戦争のとき。南に移住した北朝鮮の住民によって広められました。元々、平壌冷麺に使われている麺は蕎麦粉を原料としています。そして、牛肉などでダシをとったスープに大根のキムチの汁や牛肉を組み合わせて完成。なお、盛岡冷麺は平壌冷麺と北朝鮮の咸興冷麺を融合したものです。

平壌冷麺が気になったので、さっそく神戸市内にある平壌冷麺専門店で平壌冷麺を食べました。見た目は夏の暑さを和らげそうな爽やかな印象です。まずはスープと共に麺をひと口。麺はゴムのような独特のコシがあり、やみつきになりそうな味わいです。少し辛いスープが麺との相性抜群! そして牛肉とシャキシャキした野菜。野菜、麺、スープの組み合わせが素晴らしく、何杯でもいけそうな気がしました。日本では韓国料理のほうが有名ですが、「北朝鮮の料理も捨てがたいなぁ」と思いながら完食。まず「食」から北朝鮮の文化を知るのもおすすめです。

Photo Credit: Shohei Watanabe「2005年金正日政権下の北朝鮮」

北朝鮮の文化を学ぶ意味

冒頭でも書いたとおり、日本と北朝鮮の間には難問がたくさんあります。そして政治的な問題から、私たちは北朝鮮を「遠い国」だと思い、北朝鮮住民を偏見な目で見てしまいがちです。しかし、北朝鮮の文化に接すると、日本と北朝鮮の文化の類似性に気づくはず。類似性に気づくと北朝鮮が「近い国」であることを理解するでしょう。お互いの「理解」がこれらの難問を解決する重要な要素だと思います。

ライター:新田浩之
Photo by: Shohei Watanabe「2005年金正日政権下の北朝鮮」

Compathyで北朝鮮の旅行記を見ましょう

Shoei Watanabe「2005年金正日政権下の北朝鮮」

Shoei Watanabe「韓国 軍事境界線~朝鮮戦争の爪痕と反日教育の前線を見る」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP