ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Xperia arc/neo/PLAY用のUSBホストドライバがXDAで公開、USBメモリやキーボード、マウスが利用可能に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

root化済みのXperia arc、neo、PLAYでUSBメモリやUSBマウス、USBキーボードを利用可能にするUSBホストドライバが公開されています。「4.0.A.2.368」ビルドのソフトウェアをインストールしたroot化済みのXperia arc、neo、PLAYで利用できるそうです(neoとPLAYでは動作確認されていないそうです)が、USB機器に電力供給するため長時間の使用はM/Bのオーバーヒートさせてしまい端末を壊してしまう危険性があるとのことです。
ドライバの適用など手順はアプリ化されておらずシェルでコマンドを叩く必要があります。XDAのスレッドで各ドライバをダウンロードし端末の/system/lib/modules/にpush。adbか端末上のターミナルアプリからシェルに入り、insmodで各ドライバを組み込んで完了。USBマウスやUSBキーボードはこの状態で接続することで利用できるそうですが、USBメモリやHDDについては端末にマウントポイントを手動で作成、機器を接続して割り当てられたブロックデバイスを確認(/dev/block/sdxとして認識されます)、手動でマウント・・という面倒な手順を踏む必要があるそうです。2011年のXperiaスマートフォンは、今年10月より配信される予定のメジャーアップデートでこのUSBホスト機能に対応することになっています。Source : XDA-Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
米AT&TのQ3~Q4の新機種リストがリーク
Motorola、欧州版AtrixのGingerbreadアップデートをQ4中に実施
柔軟に動く4本脚で高さや角度調節が可能なタブレット用スタンド「タブレットオクトパススタンド」

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。