ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハーフマラソンに「犬」が飛び入り参加。そして・・・まさかの結末が!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米アラバマ州で開催されたエルクモント・ハーフマラソン。そのスタート直後、どこからともなく一匹の犬がランナーの隊列に並走し始めました。
え、ランナーと並走?
“アスリート犬”が飛び入り参加

団子状態の先行集団が坂を駆け下りてきました。その横を、あれ?犬が…。後ほどこの犬がどうしてここに現れたのかを説明します。ルディヴィンちゃん(2歳メスのブラッドハウンド)今はこの子の名前だけ。では、彼女の迷走ぶりを見ていきましょう!

今度は反対の山側斜面に。まるで、ランナーたちを鼓舞するように、彼らの前を右に左に行ったりきたり。「コラ、邪魔だって!」なんて声が聞こえてきそう。

隊列は徐々にばらけて縦長の展開に。先頭は青いシャツのゼッケン162番。次位は…犬!?

軽快なストライド。まだ疲労の様子は見えません。

中盤、まさかの逸走!?


おおっと、ここでコースを大きく逸脱。茂みでちょっと粗相でしょうか(笑)。その間に後続のランナーたちがルディヴィンの横を駆け抜けていきます。

走りながらも、愛想をふりまくルディヴィン。ギャラリーの女の子たちから差し入れ?

ギュイーン。終盤猛スパート

レース終盤、ここから一気にペースアップ。

皆が苦しくなってきた胸突き八丁。ところが、ルディヴィンは無尽蔵のスタミナで、ギュイーン。一瞬にしてランナーを置き去りにしていきます。そして…。

ちゃっかり、7位入賞
メダルまで頂いちゃいました

//

Posted by Elkmont’s Hound Dog Half on 2016年1月18日

そのままランナーたちと一緒にゴール!なんと彼女、21.0975km(正確にはどこから参加したか不明)を完走してしまったんです。しかも、堂々の7位入賞。非公式ながらタイムは1時間32分56秒。
大会側は、ルディヴィンの頑張り(というか迷走)を讃えて、余分に用意していたメダルを授与。首に下げてもらい誇らしげなこの彼女の表情を見てください。

「普段はとっても怠けもの」
でも、やるときゃやる!

ところで、ルディヴィンがどうしてハーフマラソンを走る気になったのか、気になりますよね?飼い主のApril Hamlinさんによると、マラソンコース上にある彼女の自宅前庭でおしっこに出たまま、ルディヴィンは姿を消したそう。たまたま大会ボランィアをしていた友人からのメッセージで、愛犬が21キロ先のゴール地点に飛び込んできたことを知った飼い主。Hamlinさんにしてみれば、寝耳に水の愛犬の知らせだった訳です。

「普段はとっても怠けものの彼女がハーフマラソンを完走したなんて、未だに信じられない」

Runner’s World」のインタビューにこう答えながらも、愛犬の健闘を称えていたそうですよ。
Reference:Runner’s World
Licensed material used with permission by Elkmont 1/2 Marathon

関連記事リンク(外部サイト)

息絶えた仲間の隣で、たたずむ犬が「切なすぎる」と話題に
あなたの古いセーターは、保健所の「犬用セーター」になります
結婚式の一日。カメラマンを「愛犬」にお願いしてみた(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP