体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハーフマラソンに「犬」が飛び入り参加。そして・・・まさかの結末が!

米アラバマ州で開催されたエルクモント・ハーフマラソン。そのスタート直後、どこからともなく一匹の犬がランナーの隊列に並走し始めました。
え、ランナーと並走?
“アスリート犬”が飛び入り参加

団子状態の先行集団が坂を駆け下りてきました。その横を、あれ?犬が…。後ほどこの犬がどうしてここに現れたのかを説明します。ルディヴィンちゃん(2歳メスのブラッドハウンド)今はこの子の名前だけ。では、彼女の迷走ぶりを見ていきましょう!

今度は反対の山側斜面に。まるで、ランナーたちを鼓舞するように、彼らの前を右に左に行ったりきたり。「コラ、邪魔だって!」なんて声が聞こえてきそう。

隊列は徐々にばらけて縦長の展開に。先頭は青いシャツのゼッケン162番。次位は…犬!?

軽快なストライド。まだ疲労の様子は見えません。

中盤、まさかの逸走!?

おおっと、ここでコースを大きく逸脱。茂みでちょっと粗相でしょうか(笑)。その間に後続のランナーたちがルディヴィンの横を駆け抜けていきます。

走りながらも、愛想をふりまくルディヴィン。ギャラリーの女の子たちから差し入れ?

ギュイーン。終盤猛スパート

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。