ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

渋谷区円山町1の1。自分の「好き」が試されるホテル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

好きなもの。好きなこと。好きな人。何かひとつでも人目を気にすることなく、堂々と「好き!」といえるものがあったら最高です。
そんな自分の「好き」に出会えるホテルが、2016年2月5日(金)、東京の真ん中にオープンします。
場所は、東京都渋谷区円山町。東急百貨店・渋谷本店の向かい側。ファッションや情報の発信地である渋谷に居を構えたのは、「SHIBUYA HOTEL EN」。客室は2階から9階まであり、各階によって、まったく雰囲気の異なる空間を楽しむことができるんです。

2階


現代日本を代表するカルチャーである「漫画」をテーマにした2階フロアには、壁一面にイラストが!
よく見ると、渋谷のスクランブル交差点が舞台になっています。バイクに乗った美少女がかわいい!

3階

3階のテーマは「手ぬぐい」。廊下の天井には、桜が描かれた手ぬぐいがかかっています。かわいらしい雰囲気で、女子人気NO.1のフロアです。女子会の会場にもよさそう。

4階

4階は、明治時代末期の長屋である「あじき小路」を再現したフロア。本物の木の壁や床の洗い出しなど、細部にまでこだわった造りとなっているんです。まるで夜の京都に来たような錯覚に陥ります。

5階

壁に描かれているのは、浮世絵師・葛飾北斎の富嶽三十六景のひとつ。そう、5階は「北斎 赤富士」のフロアです。床の色合いもマッチしていて、自分が絵のひとつになったかのような不思議な感覚に。

6階

6階のテーマはなんと「能舞台」! エレベーターを降りると目の前には五色の暖簾が。
暖簾をくぐると、なにか白いものが見えてきます。

廊下を歩いて

奥に進んでいくと
こっちを見て微笑んでいる能面が! 夜に見たらびっくりしてしまいそう。

7階


京都の伏見稲荷大社にインスピレーションをうけた7階フロア。廊下には、鮮やかな朱色の「千本鳥居」が連なっています。足元には砂利が敷き詰められているスペースも。

廊下の奥には、絵馬がかかっており、7階に宿泊した人のみが書けるとのこと。実際に渋谷区の金王八幡宮にご祈祷してもらった絵馬なので、ご利益がありそうです!

8階


8階は「森羅万象」がテーマ。エレベーターを一歩でれば、緑の景色が広がります。心なしかいい香りもしていて、気分が落ち着くフロアです。いつも騒がしい渋谷にいるということを忘れてしまいそう!

9階


「和」がテーマの9階には、茶室をイメージした廊下が続きます。壁は土塗りになっていて、日本ならではの素朴さのなかにある凛とした佇まいを演出。シックな造りで高級感があります。
9階は特別フロアとなっており、部屋は3つだけという贅沢な空間使い。客室は、「古民家」「オリエンタル」「洞窟」の3タイプです。
古民家の客室は、伝統的な日本建築を感じさせる内装に。天井に使われた木材や、部屋とバスルームを仕切る引き戸は、どこか懐かしい気持ちにさせてくれます。
9フロアのなかで、どれかひとつでも「いいな」と思ったものがあれば、それが自分が好きなもの。
その世界観にどっぷりと浸かって、思いっきり自分の「好き」を感じてみれば、きっと充実した楽しい時間をすごせるはずです。
SHIBUYA HOTEL EN(シブヤホテルエン)
住所:東京都渋谷区円山町1-1
TEL:03-5489-1010(24時間受付)
[SHIBUYA HOTEL EN]
取材・文・撮影/近藤うらら


(グリッティ)記事関連リンク
いい女になる。考える。エルメスの香りが助けてくれる
胸が痛くなって仕方ない。「愛する」とは「消えてほしくない」と思うこと #せか猫
やたらほめられた、今日のコーディネートって。実はイラストからインスパイアされたんです

GLITTY
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP