ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Opera、最新のOpera Maxで公衆Wi-Fiスポットでの安全性と転送スピードを改善

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Opera Software が同社の Android 向けデータ通信量節約アプリ「Opera Max」をアップデートし、最新の Opera Turbo 技術の導入によって、転送スピードと安全性が向上したと明らかにしました。Opera によると、Opera Max の最新版では Android 端末と Opera サーバ間でパケットを送受信する方式を従来の HTTP 1.1 から SPDY + SSL トンネリングに変更したそうです。SSL で暗号化したパケットを VPN 通信で送受信することから、セキュリティ性が向上し、また、SPDY プロトコルを採用したことで、パケット転送の高速化を実現したとしています。この変更によって特に恩恵を受けるのは公衆無線 LAN に接続している場合です。より安全で高速に通信することが可能なるとしています。「Opera Max」(Google Play)Source : Opera

■関連記事
Barracuda、クラウドストレージサービス「Copy」を2016年5月1日で提供終了、既存のユーザーにデータ移行を呼びかけ
BubbleUPnPがv2.6にアップデート、Amazon Cloud Driveをサポート、AmazonタブレットでもChromecast転送が可能に
Gogole Playミュージックのポッドキャスト機能は既に一部のユーザーで利用可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP