ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冷え性を根本から改善したい!冷え性の4つの原因とは!?

  • ガジェット通信を≫
冷え性を根本から改善したい!冷え性の4つの原因とは!?

手足が冷たくなり、一旦手足が冷たくなると温かくなりにくい…冷え症は、特に寒い時期にとても辛いものです。

「冷え症の体質だから、仕方がない…」とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、冷え症の原因を把握し、原因に対する治療を行うことで、冷え症を改善することができるのです。

今回は冷え性の原因と対策について医師に解説していただきました。

そもそも冷え性ってどういう状態?

寒い時期にはある程度、手先や足先が冷たくなるのは当然のことです。

ところが、外の気温によって冷やされる程度ではなく、手先と足先が温まりにくく、慢性的に冷えているような感覚があるとき、このことを「冷え症」といいます。

冷え症は、本来体内で機能すべき体温の調節機能がうまく機能していない状態であります。

それでは、まずは主な冷え症の原因を考えてみましょう。

1.自律神経の乱れ

体温調節の命令を出すのは、自律神経といいます。

ストレスや疲れ、不規則な生活が原因となり、そこがうまく機能しなくなります。

ほかにも常に室内の空調が効いていると、部屋の外との気温差によって自律神経の機能が乱れるようになります。夏でも冷え症になるのは、こういったことが原因です。

2.血液循環の乱れ

窮屈な下着靴などをはいていると、身体を締めつけてしまいます。このことによって血行が滞り、「寒い」と感じる皮膚感覚が麻痺することがあります。そのため体温調節の指令が伝わりにくくなってしまいます。

また、貧血がある方、血管系に何か疾患をお持ちの方は、血流が滞りがちになり体温調整が上手くいかず、冷え症になりやすいです。

3.筋肉の量が少ない

筋肉の運動は、熱を発生させたり血流量を増加させるはたらきがあります。

通常、女性は男性よりも筋肉量が少ないため、女性に冷え症が多いと言われることが多いのです。

なお、性別問わず運動不足の方は筋肉量が少ないため、冷え症となります。

4.女性ホルモンの乱れや病気の影響

ストレスや、女性は更年期になると、女性ホルモンの分泌が乱れ、血行不良となったりすることがあります。このことが原因で、冷え症を引き起こしてしまいます。

ほかにも、何か病気が隠れている場合もあります。

・血管系の病気

・甲状腺の病気

・膠原病  など

それでは、どんな改善をしたらいいの?

冷え性の原因はここまで挙げた4つが主に挙げられるものです。

それでは冷え性を改善する方法を、それぞれお伝えします。

【原因1:自律神経の乱れ】

・部屋の温度を上げすぎない。

・リラックスできる時間を持つ。

【原因2:血液循環の乱れ】

・身体を温めて血行の良くする。

・身体を温める食べ物や飲み物を摂取する。

【原因3:筋肉の量が少ない】

・適度な運動を心がけて、筋肉量をUPさせる。

【原因4:女性ホルモンの乱れや病気の影響】

・ストレスや疲れをためこまないよう生活習慣を改善する。

どれも健康なからだ作りとして挙げられることです。

つらい冷え性も、生活習慣の見直しや自分の身体を思いやることで改善できるものです。

しかし、なかなか冷え症が治らないとお悩みの方は、原因4:病気の影響も考えられます。一度きちんと病院で医師に相談してみましょう。

【医師からのアドバイス】

冷え症になってしまった、と落ち込む必要はありません。だからといって放っておいていいものでもありません。

まずは冷え症の原因をつきとめて、それに対する改善策を心がけましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

冷え性なのにのぼせる? 女性に多い“冷えのぼせ” ってどんな症状?
ただの冷え性と侮るなかれ。数々の病気を引き起こす万病のもと!?
そのドキドキ、もしかしたらストレス性の動悸かも。あるいは…

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。