ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

軽いけど長引く頭痛や吐き気…それ「くも膜下出血」のサインかも!

  • ガジェット通信を≫
軽いけど長引く頭痛や吐き気…それ「くも膜下出血」のサインかも!

くも膜下出血について知っていますか?以前は、くも膜下出血は高齢者の病気という印象があったかもしれません。しかし俳優でミュージシャンの星野源さんや、音楽グループ globeのKEIKOさんも発症したことで、くも膜下出血は高齢者に限った病気ではないということが一般的にも知られてきました。

早期発見が大切といわれるくも膜下出血ですが、初期にはどんなサインがあらわれるのでしょうか?今回はくも膜下出血について、医師に詳しい話を聞いてきました。

くも膜下出血の頭痛、どんなふうに痛むの?

一般的に、くも膜下出血は、突然バットや金槌などで頭を殴られたような、経験したことがないほど激しい頭痛が瞬時に発生し、それが発症のサインといわれています。

しかし実際はかなり個人差があり、すべてがこのような激しい頭痛ではなく、軽い痛みが継続する人もいます。また、前兆としても頭痛が見られることがあります。

くも膜下出血の多くは、脳の動脈に脳動脈瘤(のうどうみゃくりゅう)というコブができ、それが破裂し、出血します。しかし脳動脈解離(のうどうみゃくかいり)といって脳動脈瘤が破裂する前に、3層構造になっている脳動脈の壁に裂け目だけができ、まだ破裂していないタイミングで頭痛を生じることがあります。そしてこの後、必ず破裂するとも限らず、自然に修復されることもあります。

運よく早い段階で見つかった場合は、破裂を防ぐ手術を受けることが望ましいのですが、手術後に後遺症が出るリスクもあります。特に、できてから時間が経っている未破裂脳動脈解離の場合は、脳神経外科の専門医とよく相談して「手術するべきかどうか」を決めた方がいいでしょう。

頭痛以外の初期症状は…?

くも膜下出血になってしまった場合、突然の激しい頭痛以外にどのような症状が起きるのでしょうか。

1.意識障害

頭痛以外の症状で代表的なものが、意識障害です。いつもできていたことが、できなくなることもあります。意識障害が起こらずに、くも膜下出血の患者が「突然激しい頭痛になった」と、自分で病院に来ることもあります。このように必ず意識障害が起こるわけではありませんが、重症の場合は頭痛を訴える間もなく、意識障害によって発症することもあります。

2.吐き気

脳内の圧力が高まることで、吐き気が起こります。最も重症の場合、脳の最も大事な「脳幹部」というところにダメージをきたし、心肺停止してそのまま突然死することも。また交感神経を刺激する物質が一気に上昇することで、以下のような症状が起こることもあります。

・心臓の障害

・不整脈

・肺に水が溜まる

そのためくも膜下出血の患者さんは医療機関で全身の管理をすることが必要となります。

くも膜下出血にかかりやすいのは、どんな人?

くも膜下出血は1年あたりおよそ5,000人に1人の割合で発症するといわれています。

リスクを高める要因として、以下の要因などがあげられます。

・遺伝的な要素(家族にくも膜下出血の経験者がいる)

・高血圧

・多量の飲酒

・喫煙

また、最も年齢的に多いのは60歳代、女性が男性の約2倍なりやすいとされています。

くも膜下出血の検査と治療

【検査】

まず頭痛があった場合は早めに専門である脳神経外科を受診し検査することが大切です。検査は以下の方法で行われます。

1.CT検査

くも膜下出血に最も適した検査はCT検査です。くも膜下出血がある場合、髄液に血液が混じっているため、CT検査では通常黒く見える部分が、白く見えます。

2.腰椎穿刺

くも膜下出血かどうかはっきりしないけれども疑わしい場合には、腰椎穿刺(ようついせんし)という検査があります。髄液を採取し検査することで診断の参考にします。

【治療方法】

1.呼吸管理

純酸素投与や気道確保などの呼吸管理

2.血圧管理

3.抗痙攣薬

痙攣のある場合は抗痙攣薬を投与

4.破裂部分の閉塞

可能な症例では、破裂した部分をクリッピングするか、血管内にコイルを入れて閉塞させる

5.再出血の予防

再出血や出血した血液が刺激となって脳の血管が痙攣を起こし収縮するのを予防する

【医師からのアドバイス】

吐き気も、くも膜下出血のサインです。乗り物酔いなどと混同することもあるので原因不明の吐き気や頭痛が続く場合は軽視せず、なるべく早めに医療機関で受診してください。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

頭痛にも種類がある!この頭痛は何の痛み?
放っておくと怖い!脳出血の超初期症状をチェック!
この症状が出たら病院へ行くべき!命に関わる”二次性頭痛”とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。