ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・アルバム・チャート】アデルが2週間ぶりに首位返り咲き、3位に新生メガデス初登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アデルの『25』が、2週振りに首位に返り咲き、通算8週目の首位獲得となった、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 シングル「ハロー」が4位にダウンしたにもかかわらず、アルバムは未だ10万枚以上をキープし、再び首位に返り咲いたアデルの『25』。登場10週目にして800万枚近いセールスを記録、歴代記録を次々と塗り替えているが、間もなく開催される【第58回グラミー賞】のパフォーマンスを受け、再びセールスを伸ばすことは間違いないだろう。

 今週のシングル・チャートで、「ラブ・ユアセルフ」が自身3曲目の首位を獲得した、ジャスティン・ビーバーの『パーパス』も2位に続き、絶好調。アデル同様、売上が落ちない。ジャスティンも、【グラミー賞】でのパフォーマンスが決定しているため、シングル曲やアルバムの再燃も期待できる。

 その、【第58回グラミー賞】のコンピ盤『2016 GRAMMYノミニーズ』が、今週9位に初登場した。【グラミー賞】直前に毎年リリースされるシリーズ22作目で、この時期にTOP10入りすることは、もはや恒例といってもいい。本作には、2015年間チャート首位を記録した、マーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」や、7部門にノミネートされているザ・ウィークエンドの「キャント・フィール・マイ・フェイス」、最多11部門ノミネートのケンドリック・ラマー等、全21曲が収録されている。グラミー開催後も売上を伸ばし、TOP3入りするケースも過去にはあったほどだ。【第58回グラミー賞授賞式】は、日本時間2月16日にWOWOWにて生中継される。

 3位に初登場したのは、ヘヴィメタル・バンドのメガデス。およそ2年半ぶりとなる15枚目のスタジオ・アルバム『ディストピア』は、オーストラリアやフィンランドでもTOP10入りを果たし、全米では通算7枚目(ライブ盤を含むと8枚目)のTOP10入り。新メンバーにキコ・ルーレイロとクリス・アドラーを迎えた、初のアルバムとなる。オリジナル・アルバムとしては、1992年の5thアルバム『破滅へのカウントダウン』に続く、2作目のTOP3入りとなった。

 今週、27位にリアーナの新作『アンチ』が初登場した。集計期間最終日の1月28日に、TIDALから急遽リリースされた本作だが、TIDALで無料ダウンロードできるよう配信されたことで、わずか14時間でミリオン(100万ダウンロード)に至ったという。iTunesでの発売は1月29日からで、正規の実売枚数は次週のチャートに反映される。よって、今週27位に初登場したポイントは、ストリーミング・ポイント(視聴回数)のみによるものということになるが、TIDALでの視聴回数がチャートに反映したかどうかは定かでない。次週のアルバム・チャートでは、1月29日から2月4日の集計分が反映されるので、TOP10入りは間違いなさそうだが、この無料ダウンロードが吉と出るか凶と出るかは、フタを開けてみなければ解らない。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、3日22時以降となります。

関連記事リンク(外部サイト)

2月13日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
2月13日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
親友 セレーナ・ゴメス&テイラー・スウィフトのコラボ曲の可能性はいかに?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP