ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

amazarashi、3rdアルバム詳細解禁&新曲「エンディングテーマ」の先行配信がスタート

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2月24日にリリースされるamazarashiのフルアルバム『世界収束二一一六』の詳細がオフィシャルHPにて公開された。

amazarashi (okmusic UP's)

収録楽曲は、TVアニメ『東京喰種 トーキョーグール√A』のテーマソングとなった 「季節は次々死んでいく」やノイタミナ『乱歩奇譚 Game of Laplace』のテーマソング「スピードと摩擦」などのヒットシングルに加え、先日ミュージックビデオが公開された「多数決」など全12曲で構成される。

初回限定盤Aに付属するDVDには、2015年8月16日豊洲PITにて1夜限りで行なわれた3Dライブ「amazarashi 5th anniversary live 3D edition」より選りすぐりライブ映像と「多数決」のMVを収録。更に秋田ひろむが書き下ろした小説「花は誰かの死体に咲く」と、楽曲ごとに書かれた詩集が上製本で封入される。初回限定盤Bにはamazarashiのキャラクターを立体化したストラップ付きのオリジナルフィギュア同梱される。

また、詳細の公開に合わせて、すでに配信されている「多数決」に加えアルバム収録楽曲「エンディングテーマ」の先行配信も開始された。新曲「エンディングテーマ」は最期を迎える主人公が“生きたい”と渇望する、最も強い“願う力”が描かれた楽曲となっている。

■「エンディングテーマ」配信ページ
https://itunes.apple.com/jp/album/shi-jie-shou-shu-er-yi-yi-liu/id1078148491?app=itunes&at=10lpgB&ct=4547403043532_wn
■「多数決」配信ページ
iTunes:https://itunes.apple.com/jp/album/duo-shu-jue-single/id1072669333?app=itunes&at=10lpgB&ct=4547403043341_1p

アルバム『世界収束二一一六』
2016年2月24日発売
【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
AICL 3068〜9/¥3,500+税
※オリジナル小説「花は誰かの死体に咲く」、詩集本 封入
【初回生産限定盤B】(CD+amazarashiフィギュア)
AICL 3071〜2/¥3,500+税
※5000枚限定
【通常盤】(CD)
AICL 3070/¥2,778+税
<収録曲>
■CD
1 タクシードライバー
2 多数決
3 季節は次々死んでいく
4 分岐
5 百年経ったら
6 ライフイズビューティフル
7 吐きそうだ
8 しらふ
9 スピードと摩擦
10 エンディングテーマ
11 花は誰かの死体に咲く
12 収束
■DVD ※初回生産限定盤Aのみ
amazarashi 5th anniversary live 3D edition 2015.08.16
後期衝動
季節は次々死んでいく
ヒガシズム
冷凍睡眠
スターライト
MV
多数決

『amazarashi LIVE 360°』
10月15日(土) 幕張メッセ イベントホール
open:16:00 start:17:00
チケット:前売 ¥6,000(税込)当日¥7,000(税込)
(ソールドアウトの場合は当日券販売ナシ)

<Official HP先行予約>
2016年2月1日(月)12:00~2月28日(日)18:00
<一般発売>
2016年4月2日(土)12:00〜

『amazarashi 5th anniversary Live Tour 2016 「世界分岐二〇一六」』
2月20日(土) 広島 広島クラブクアトロ
2月21日(日) 大阪 Zepp Namba
2月27日(土) 東京 Zepp Tokyo
2月28日(日) 東京 Zepp Tokyo
3月06日(日) 東京 中野サンプラザ
※終了分は割愛

「amazarashi 5th anniversary live 3D edition」 (okmusic UP's) アルバム『世界収束二一一六』【初回生産限定盤A】(CD+DVD) (okmusic UP's) アルバム『世界収束二一一六』【初回生産限定盤B】(CD) (okmusic UP's) アルバム『世界収束二一一六』【通常盤】 (okmusic UP's)
カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。