ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

“顔なき”天才シンガー・ソングライター=シーア、新作日本盤リリースを記念し細美武士からコメント到着

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
“顔なき”天才シンガー・ソングライター=シーア、新作日本盤リリースを記念し細美武士からコメント到着

2014年に発売された前作「1000 フォームズ・オブ・フィアー」は全米アルバムチャート初登場1位を記録、更に同作からのシングル「シャンデリア」が世界各地で社会現象を巻き起こし、第57回グラミー賞で主要2部門含む4部門にノミネートされる等、一躍“時の人”となったオーストラリア出身のシンガー・ソングライター=シーア。一切顔を公表しないことで、パフォーマンスの度に大きな注目を浴びている“顔なき”天才シンガー・ソングライターである彼女が、本日通算7枚目のアルバム「ディス・イズ・アクティング」をリリースした。

今作は、リアーナやビヨンセ、カーリー・レイ・ジェプセン、マルーン5など、数々のトップ・アーティストたちの楽曲のソングライティングを手掛けていることで知られているシーアが、元々は他のアーティストのために書き下ろした楽曲を集めた、まさに天才ヒットメイカーである彼女だからこそ制作できた唯一無二の作品。アデルとの共作であるリード・シングル「アライヴ」は、シーア特有のドラマティックかつ叙情的な楽曲に仕上がっており、彼女自身の監督のもと千葉県で撮影された、天才空手少女=高野万優が出演しているミュージック・ビデオもYouTube/VEVO再生回数約3000万と、既に大きな話題となっている。その他カニエ・ウェストと制作した「リーパー」や、トロピカル・ハウス調のダンス・チューン「チープ・スリルズ」、そして唯一自分が歌うために書いた「ワン・ミリオン・ブレッツ」なども収録。前作「1000 フォームズ・オブ・フィアー」を越える極上のポップ・アルバムに仕上がっている。

今年は約5年振りのフル・ライヴとなるコーチェラ・フェスティバルを皮切りに、北米、ヨーロッパのフェスへの出演が決まっている。

また、日本国内の音楽界でも絶大な支持を誇るシーアだが、新作のアルバム発売に際し、長年シーアのファンであったという細美武士(the HIATUS / MONOEYES)よりコメントが到着した。

細美武士(the HIATUS / MONOEYES)コメント
初めてSiaのアルバムを手にしたのは2008年。”Some People Have Real Problems”と題されたそのアルバムから聴こえてくる、アンニュイで心に隙間風が吹くようなサウンドがとても好きでした。前作の”100 Forms Of Fear”が世界中を席巻していく中、TOP40でSiaの音楽が他の何にも屈せずに輝き続けたことは、うまく言えないけど、なにより誇り高く感じていました。
旧来のレイドバックしたSiaとは少し違うけれど、今も変わらず感情を掻き毟るような独特のメロディラインと、奇をてらわないコードワークが大好きです。これからも、ずっと聴き続けるアーティストだと思います。

リリース情報

アルバム「ディス・イズ・アクティング」
発売中
SICP-4624 2,200円+税
日本盤解説&対訳つき
ボーナス・トラック3曲収録

関連リンク

シーア ソニー・ミュージック オフィシャル・サイトwww.sonymusic.co.jp/artist/sia/
シーア 海外オフィシャル・サイトhttp://siamusic.net/
「ディス・イズ・アクティング」オフィシャル・インスタグラムhttp://instagram.com/SiaThisIsActing/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。