体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『ザ・ビーチ』のロケ地!楽園と呼ばれるピピ島の行き方

Photo credit: Takashi Omura「ザ・ビーチの撮影地のピピ島」

Photo credit: Takashi Omura「ザ・ビーチの撮影地のピピ島」

こんにちは。TRiPORTライターのOkkaです。
タイのリゾート地といえばプーケットが有名です。プーケットのビーチもキレイですが、そこから船で約2時間行くだけでこの世のものとは思えない美しさのピピ島が見えてきます。タイに行った際は絶対に行ってほしい、魅力溢れるピピ島を紹介します。

ピピ島ってどんなところ?

ピピ島とはプーケットから東45kmに位置する6つ島郡(ピピドン島、ピピレイ島、モスキート島、バンブー島など)の総称ですが、唯一の有人島で一番主要な島であるピピドン島のことを指すことが多いです。
ピピドン島は、石灰岩質の2つの島の間が砂州で繋がっています。周辺の多くの島も石灰岩質であり、鍾乳洞や海食洞などをみることができます。
このピピドン島にはホテル、ゲストハウスといった宿泊施設やレストラン、バー、カフェなどの飲食店があるので滞在するのにも困りません。お土産屋さんもあるので旅の思い出の品を見つけましょう。
マリンスポーツのスポットとしても話題になり、ダイビングやスノーケリングが楽しめます。
記事後半に記載してますが、ピピレイ島にあるビーチのマヤベイはレオナルド・ディカプリオ主演の映画『ザ・ビーチ』の舞台となったことで有名です。
そこでは日常の全てから解放される伝説の楽園として描かれてる場所です。
行く前に『ザ・ビーチ』を視聴してから行くことを強くオススメします。

マップ

Photo credit: dany13 via flickr cc

Photo credit: dany13 via flickr cc

基本情報

正式名称:ピーピー諸島(Koh Phi Phi)
位置:タイ王国南部、クラビー県にある諸島
面積:18km²
通貨:バーツ(฿)
公用語:タイ語 ※大きなホテルなどでは英語も通じます
気候:乾季(10月〜4月)、雨季(5月〜9月)

ピピ島の行き方

Photo credit: Ai Serizawa「プーケットとピピ島」

Photo credit: Ai Serizawa「プーケットとピピ島」ピピ島への行き方はプーケット出港とクラビ出港の2通りあります。どちらも約2時間でトンサイベイに到着します。
ピピドン島にあるこのトンサイベイはスピードボートやテールボートが停泊していて、ピピレイ島など別のビーチに行きたいときにも利用します。船のチケットの値段は往復で3000円前後になります。詳しくはこちらで確認ください。

ピピ島の魅力

目の前に広がる眩いビーチ!

Photo credit: Takashi Omura「ザ・ビーチの撮影地のピピ島」

Photo credit: Takashi Omura「ザ・ビーチの撮影地のピピ島」人の手が加えられていない砂浜。海は透き通っていて、手前は砂で白く、奥は空のような青さが素晴らしいグラデーションになっています。世界中のダイバーがこの海を求めて集まってくるのも納得です。
レムトーン湾やロングビーチは施設が少ないため、ピピドン島とは違った孤島の雰囲気が満喫できます。ビーチチェアで本を読んだり、体を焼くにはぴったりです。

Photo credit: Horie Kentaro「映画『THE BEACH』の舞台・ピピ島へ!極楽タイ旅行 ピピ・レイ島クルーズ編」

Photo credit: Horie Kentaro「映画『THE BEACH』の舞台・ピピ島へ!極楽タイ旅行 ピピ・レイ島クルーズ編」またモンキービーチも面白いところです。ここは名前の通り、野生の猿がビーチにいて写真を撮ることもできます。観光客慣れしているようで、食べ物や飲み物を渡すとその場で食べたり飲んだりします。
しかし触ろうとすると引っ掻いたり噛み付いたりするので注意しましょう。

モンキービーチ(Monkey Beach)
住所: Koh Phi Phi Lay, Krabi
アクセス: ローダラムビーチからボートで10分

Photo credit: Takashi Omura「ザ・ビーチの撮影地のピピ島」

Photo credit: Takashi Omura「ザ・ビーチの撮影地のピピ島」ピピ島の一番の魅力はなんといっても島全体の美しさ! サンゴ礁に囲まれたラグーンは現実のものとは思えない美しさです!

テンションがあがる!島を見渡せる絶景ポイント

Photo credit: Horie Kentaro「地上の楽園・ピピ島へ!極楽タイ旅行 ピーピー・ドーン島本島編」

Photo credit: Horie Kentaro「地上の楽園・ピピ島へ!極楽タイ旅行 ピーピー・ドーン島本島編」ピピドン島には山からきれいなビーチや森林を見渡せる絶景ポイントがいくつもあります。
特に展望台に行く途中、ビューポイント2の看板がある場所からの眺めは最高です。展望台へは入場料が約60円かかりますが行く価値ありです!

1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。