ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元ワタミ会長の渡邉美樹氏が「ワースト経営者」に プレジデント誌の読者アンケート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビジネス誌の「プレジデント」が(プレジデント社)が2月3日、2537人の読者アンケートの結果をネットで公表した。「経営者」「政治家」「ビジネス書」について、ベストとワーストを順位付けしたものだ。

「あなたが評価する経営者」の部門でワースト評価を受けたのは、元ワタミ会長の渡邉美樹氏。すでに経営の第一線を退き参院議員になっているが、過労死裁判をめぐる対応の悪さなどによるイメージ悪化が、現在も続いているとみられる。
ベスト経営者は「稲盛流コンパ」の提唱者

渡邉氏は、日経ビジネス2016年1月25日号の「敗軍の将、兵を語る」に登場。イメージ回復の絶好機と見られたが、「(ブラック企業という)心ない誹謗によってワタミは大きなダメージを受けました」と弁明して話題となったばかりだ。

一方、最も支持された現役経営者は、4年連続で稲盛和夫氏。現職の肩書きは、京セラと日本航空の名誉会長、KDDIの最高顧問とのことだが、現役といっていいのだろうか。

稲盛氏は「あなたが評価するビジネス書の著者」の部門でも、大前研一氏と故P.ドラッカー氏をおさえて1位を獲得している。2015年には「稲盛流コンパ 最強組織をつくる究極の飲み会」(日経BP社)という本を出し、

「酒を酌み交わすのです。心をさらけ出すのです」

という表現が話題になった。稲盛流コンパは「全員参加」が大原則で、稲盛氏自身も酒を飲みながら部下と軍歌を歌ったりするそうだが、これを聞くだけだと若者世代の中には、なぜ「名経営者」と評価されているのか理解できない、という人もいるかもしれない。

なお、回答者の年代では40代の35.1%が最も多く、50代の27.1%と合わせると6割以上を占める。男性の割合も83.8%と高い。職位は経営者・役員と正社員・職員で8割を超え、非正規雇用は自営業・無職と合わせても16.1%しかいない。
堀江貴文氏が「ワースト著者」3位にランクイン

また、ワースト経営者の2位には東芝歴代社長、3位には堀江貴文氏がランクイン。堀江氏は「ビジネス書の著者」のワースト部門でも、勝間和代氏や大前研一氏に次ぐ第3位となっている。

その一方で堀江氏は、ネットを通じて若者を中心に高い支持を集めており、ツイッターで150万近いフォロワーを誇っている。しかし公称25万部あまりの「プレジデント」の読者は中高年が中心ということもあり、ネットとはだいぶ意識が乖離しているようだ。

なお、ベスト政治家は小泉純一郎、田中角栄に次いで安倍晋三首相がランクイン。安倍首相はワーストでも、鳩山由起夫氏と菅直人氏に挟まれる形で第2位となった。好きなビジネス書著者は、故司馬遼太郎氏が圧倒的1位。ワーストでも百田直樹氏をおさえて第1位となっている。

あわせてよみたい:ワタミ創業者・渡邉美樹氏「理念が曲解されてしまった」と釈明
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP