ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「結婚はコスパが悪い」は結婚できないことの言い訳なのか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 必要最低限のものだけを所有し、それ以外のものは一切手元に置かない「ミニマリスト」が話題だ。本やテレビも持たず、食器も家族の人数分だけ。最新の家電など持っているはずもなく、スマホとパソコンだけで生活をする──そんなライフスタイルを貫くミニマリスト。しかし、少々問題があるのではないか? との声も少なくない。博報堂若者生活研究室アナリストの原田曜平さんはこう話す。

「日本はこの20年ほどで極端な合理化が進みましたが、世の中には“必要な無駄”もあります。あまりに物を少なくしようとして度を越したミニマリストになると必要な無駄まで省いてしまう。そこは注意すべきです」

 昨年、雑誌『AERA』(2015年6月22日号)の特集記事「結婚はコスパが悪い」が話題となった。記事には、恋愛や結婚は仕事と比べて成果が不確かであり、コストパフォーマンス(費用対効果。コスパ)が悪いと考える結婚適齢期の男女が数多く登場した。

 交際していた男性のために仕事をセーブして尽くしたが、破局したら何も手元に残らなかった、という36才女性は以下のように発言した。

《同棲までした彼とも結局、結婚には至らず。これほど無駄な時間はないと思った》

 また、39才女性は「子供が欲しい」という30代半ばの同僚女性が、半分以下の年収の男性と結婚したことについて、こう切って捨てた。

《焦ったばかりに、あんなのに捕まって。私から言わせればポンコツです。子どもを望まなければ、今すぐに結婚しなくてもいい。メリットがなにもない》

 SMAP・香取慎吾(38才)主演のドラマ『家族ノカタチ』(TBS系)でも「結婚はコスパが悪い」というテーマが描かれ注目を集めている。

「一人口は食えないが、二人口は食える」なんて話はずいぶん遠い昔になってしまった。

 コラムニストの辛酸なめ子さんは「コスパ重視派」に対し、こんな疑問を呈する。

「結婚を費用対効果やメリットで考える人は、今を楽しめていない。今の瞬間を生きていない気がして、もったいない気がします。それに結婚に縁がない人は“結婚は無駄だ”“私はミニマリストなのよ”と思い込むことで自分のプライドを守ることができます。結婚できない言い訳としてコスパという言葉を使えて便利なのかもしれません」

 恋愛や結婚というシーンだけではない。子育てにおいて効率重視で話題になっているのが、昨年、3人の息子を東大理科III類に現役合格させた「ゴッドマザー」こと佐藤亮子さん。東大合格という目的のためにはあらゆる無駄を省くべきという考えの持ち主だ。

《受験に恋愛は無駄です。1日は24時間しかありません。女の子とスタバで2~3時間お茶する。年1回ならいいですよ。けれど10回あれば30時間! その時間があれば参考書が一冊終わります。恋愛している場合ではない》

《12才まではテレビを一切見せなかった。テレビはね、時間がすごく無駄》

《受験に役立つ宿題以外は私が全部手伝っていました。時間を効率的に使うってだけの話ですけどね》

 佐藤さんの考えには同じママたちから賛否両論が巻き起こり、テレビや雑誌でも大きく取り上げられ、彼女はたちまち時の人となった。東京大学名誉教授で白梅学園大学学長の汐見稔幸教授がこう主張する。

「受験には無駄に思えることでも、人生にとっては大事なことがたくさんあります。恋愛に悩んだり、友人とちょっとした悪さをしたり、趣味に凝ったりする体験は、のちの人生で必ず生きてきます。人間にはその時期にしかできないことがあり、受験には無駄だと思われても、人間の幸せ、真実につながるものがあるのです」

※女性セブン2016年2月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
貯金するには無駄遣いしたものをノートに書き込むのが重要
披露宴前に親戚・友人が「0次会」すれば成田離婚はない?
スーパーの「いまだけ!」「一人1個!」で理性失う人の防御策

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。