ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

老眼改善を期待 「ペットボトル呼吸法」と「エアなわとび」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 実に7000万人以上が老眼に悩んでいるというが、最近ではスマホやパソコンなどの普及によって、20~30代ですでに老眼の症状に悩む人も増えているという。しかし、老眼はトレーニングで改善可能。視力回復の達人がすすめる、とっておきのトレーニングを紹介する。

 中医学を学び、視力回復などの治療に定評がある、日本リバース院長の今野清志さんはこう話す。

「目は心臓の次に働き者で、1日に2万回近くまばたきを行うため、10万回以上も眼筋が動いています。これは10万回の筋トレをしているのと同じ。筋肉運動をすると体には乳酸がたまりますが、乳酸は酸素により分解され血液によって運び出されるので、常に酸素を送り込む必要があります」(今野さん。以下「」内同)

 だが、人間の1日の酸素の摂取量は、30才を100とすると、50代で35%、60代で40%、70代で50%というように心肺の老化に伴い減少してしまう。

「ですから、意識的に深い呼吸をしないと常に酸欠状態になってしまいます」

 それを解消するには、『ペットボトル呼吸法』と『エアなわとび』がおすすめだ。

「この2つのエクササイズで深く呼吸し、酸素をたっぷり取り入れるよう体を整える。それから、目のまわりの血行をよくするマッサージを行えば、視力回復効果がグンとアップします。セルフケア法を紹介するセミナーでは、1回で視力がアップしたり、視野が明るくなったり、目がスッキリしたという人が多いですよ」

『ペットボトル呼吸法』とは、

【1】底に3つの穴を開けたペットボトルの飲み口をしっかりくわえ、鼻から深く息を吸い込む。
【2】6秒以上かけて、口から息を吐き出し、最後まで吐き切る(息が漏れる場合は、口元を手で覆って)。1日5回から始めて、無理のない範囲で少しずつ回数を増やす。上手くできるようになったら1日50回を目指す。

 というもの。ペットボトルの底に開けた3つの穴から空気が出ていく時に適度な圧力がかかり、心肺機能が鍛えられ、しっかり体に酸素が取り込めるようになる。

「口まわりの筋肉も鍛えられるので、ほうれい線やたるみも解消できます」(今野さん)

『エアなわとび』とは、縄があるつもりでジャンプを繰り返すというもの。高く跳ぶ必要はなく、床から数cm離れる程度でOK。50回ずつ10回に分けて、1日計500回を目標に。胃腸のこわばりは自律神経のバランスが乱れる原因にとなるが、エアなわとびで改善されるという。

「ジャンプして内臓を揺らすと、硬化した胃腸がほぐれます。すると自律神経が活性化して血流がよくなり、目にも酸素が行きわたります。ジャンプ500回はラグビー1試合の運動量に相当しますが、簡単にできますよ」(今野さん)

※女性セブン2016年2月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
万が一の冷蔵ワザ ペットボトルで保冷し肉・魚は自然解凍
ペットボトル氷柱を扇風機の前に置く、エアコン節電の裏ワザ
ペットボトルに水と入浴剤を入れるだけで30m飛ぶロケットに

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP