ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2015年世界の億万長者 中国人の数が米国抜き初めて世界一に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国は近年、「日本は歴史を反省しない国だ」などと世界に宣伝する戦略を進めてきた。こうした戦略の先にはどのような意図があるのか。米国防総省の中国エキスパートとして、ニクソン政権時代から現在までアメリカの対中国政策に関わるマイケル・ピルズベリー氏(現・国防総省顧問)が独占インタビューに応じた。

 * * *
 私は、アメリカ歴代政権が中国に対して「協調的な先進国」になるべく呼びかけてきたにもかかわらず、中国がアメリカとは対立する形で建国100年の2049年までに世界一の超大国となることをひそかに意図してきた実態を明示する書を世に問うた。

『100年のマラソン』というタイトル(日本語版は『China2049』)の本だが、その中国の真の野望は日本にとっても重大な意味を持つ。

 中国の、今後5~10年間の動きは、中国が近年とってきた行動をみると、自然に予測できる。

 中国の野望は、建国6年目の1955年、毛沢東により秘密裡に宣言された。毛は側近に「アメリカに追いつき、追い越すことは中国の宿命だ」と世界戦略を語り、当面の手段として当時のソ連の国家発展5か年計画を模すことを指示した。貧しく弱い当時の中国にとっては愚かにも響く野望であり、中国共産党内部でもその戦略を非現実的だとする声が少なくなかった。

 しかしこの野望は、1970年代後半から最高権力者となるトウ小平にも継承された。トウは1983年、中国を訪問した当時の世界銀行総裁のA.W.クラウセン(銀行家出身のアメリカ人)に、中国が経済的に画期的な発展を果たし、先進国入りできる方法を相談した。

 クラウセンは中国がGDP(国内総生産)を毎年5.5%以上、伸ばすことが最低条件だと告げた。だが貧しい後進国の状態からそのような目標を近年、実現したのは戦後の日本だけだから、日本から学ぶべきだとも伝えた。

 トウ小平は部下を連れて日本を訪れ、経済成長について熱心に学んだ。日本もアメリカも、そして世界銀行も、以後の中国は経済面で共産主義を離れ、資本主義の市場経済へと進むだろうと楽観し、資本や経営や科学技術を積極的に供与し支援した。

  中国側はその結果、国内経済の各主要分野で「全世界チャンピオン」に等しい強力な企業を設立し、国際的にも進出させるようになった。

 フォーチュン誌が毎年発表する全世界企業ランキングの「フォーチュン500」では、中国企業は2015年、98社がランクインした。短い年月でゼロからここまで飛躍したのだ。中国は今後5年間でこの数を150ほどにしようと意図している。

 アメリカの調査会社は毎年、世界の億万長者として資産10億ドルを持つ人物をリストアップしている。そこでは2015年は中国人の数が初めてアメリカを抜き、世界一となった。億万長者はいま中国に580人、アメリカは540人だという。中国のこの勢いをみれば5年先の動向もわかる。しかも中国は今後もアメリカや日本という資本主義陣営を利用し、そこからの支援を得ていこうとするだろう。

●Michael Pillsbury/1945年、カリフォルニア州生まれ。スタンフォード大学卒業、コロンビア大学大学院博士課程修了。国連本部勤務、ランド研究所分析官などを経て、ニクソン政権から対中国政策を担当。現在は国防総省顧問、ハドソン研究所中国戦略センター所長。

聞き手■古森義久(産経新聞ワシントン駐在客員特派員)

※SAPIO2016年2月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国の軍拡事情を産経新聞論説委員・古森義久氏が分析した本
中国「尖閣諸島を奪取しても、米は経済制裁まで」と想定か
「対中外交ではアメリカを利用しろ」と中曽根康弘氏が提言

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。