ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

孫に見栄張りお年玉大盤振る舞いで生活が苦しくなる65才男性

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世の中にはびこる“バカ夫”たち。還暦を超えてなお、バカっぷりに磨きをかける夫たちも少なくない。まずは、埼玉県の生花店経営の女性(61才)の夫のお話。

 * * *
 中学の社会科教師を勤め上げた夫(64才)。少年野球に入っている小3の孫が、『野球選手になりたい』と作文に書いたと言うと、顔色を変えて孫の部屋をノック。

「いいか。教員生活38年。ひとりもプロ野球選手になったヤツなんかいないんだぞ。目を覚ませ」といきなりよ。

 何を言いたいのかと思えば、「一生懸命に勉強して、おじいちゃんみたいに『先生』と言われる人間になれ」だって。

 とうとう教頭にもなれずに退職。ヒマなせいか、孫の顔を見れば、こっちが赤面するようなことを毎日ぬけぬけと言っているわ。

 * * *
◆続いて、福島県パート勤務女性(64才)の夫。こちらは、詐欺話にまんまと引っかかってしまったとか。

 * * *
 パソコンで職探しをしていて、この文言を見たらふつうスルーでしょ? しかし、夫(61才)は「やってみなくちゃわからない」という考え。「オレはこれに賭ける」と“初期投資”で8万円振り込んじゃったの。

 さすがに、お金の動く話は、全部私を通すことにしたけど、この間は、家の固定電話で誰かと話している。「誰?」と聞けば、受話器の口を押さえて「マイナンバーが始まると、税務署に貯蓄額が丸わかりなんだってな。だから、いったん貯金は全額、移したほうがいいんだってよ」だって。

 もちろん受話器をひったくったわよ。

 * * *
◆最後は東京都在住のパート勤務女性(65才)のお話。この女性の夫は孫たちに妙な見栄を張った挙句…。

 * * *
 たかが孫のお年玉の話なんだけどね。夫(65才)は嫁の実家の倍出したいの。孫が幼稚園児で500円、小学生で1000円。 中学生で5000円くらいの時はよかったわよ。

 でも今年は高校生。「向こうのおじいちゃんは3万円くれた」と言い出した。いくらなんでも降参かと思ったわよ。ところが「おお、そうかい」って、震えながら6万円あげちゃった。

「あんた、はかられたよ」と言っても、「うるせいやい」と意地張っちゃって。

 当分、おかずに塩出してやろうかしら。

※女性セブン2016年2月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
母葬儀で「オレが一番可愛がられた」と小遣い明かし遺産減額
夫婦の小遣い 夫3万~5万円未満29.2%、妻5万円以上5.6%
実家に帰る時だけ子供にボロを着せて親から1万円もらう策士妻

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP