ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

私の愛した♂♀図鑑~たまご属性男子~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

どの家庭の冷蔵庫にも大抵常備している食料といえば、“たまご”ではないでしょうか。煮てよし・焼いてよし・和えてよしの万能食品。

「どんな料理にもマッチしてしまうなんて罪な男…」と、私はキッチンで一人、たまごを握って微笑んでしまうのです。

今回は料理のお供「たまご属性男子」についてご紹介したいと思います。

ゆでたまご男子:固いガードは真面目な証! 堅物だけど誠実男子

熱く固い殻に覆われたゆでたまごのように、ゆでたまご男子のガードを割るのは少々至難の業かもしれません。

気軽に触れると火傷してしまうけれど、慎重に殻を剥くと湯上りたまご肌もびっくり。ホクホクで心も温まるほど心根の優しい男子です。

パサパサの野暮ったさを兼ね備えつつも、上手く扱えば無難でハズレの無い男子と言えるでしょう。

面白味を感じないかもしれませんが、年齢を重ねるとこの手の男子の重宝さに気付くものです。

温泉たまご男子:その食感がクセになる! とろっと滑らか物腰男子!

半熟具合とタレが絶妙なハーモニーを織り成す、みんな大好き温泉たまご。

柔らかな物腰で掴みどころの無い食感は、かなりの不思議ちゃん系ではあるものの、中世的で草食系な雰囲気の男子は一定層の女子から不動の支持を得るでしょう。

また、ノンポリ男子かと思いきや、その中にはこってりしっかりとした黄身が存在し、非常に面倒くさい男子であるのも特徴です。

手の掛かる男子ほど愛しさが増すという体質の女子にはオススメの男子です。

生たまご男子:恋も鮮度が命! 恋愛賞味期限は短命男子!

生たまご男子の口癖は「じゃあ別れる」。積み上げられた積み木を見ると、条件反射的に壊してしまいたくなる。

なにか暗い過去を背負っているのかと思わせる、幸せに慣れていない若干面倒臭い男子ではあるものの、そんな影のある男子に惹かれてしまう女子は、いつの時代も一定数いるものです。

細く長い恋愛が一番ではありますが、女に生まれたからには一生をかけられるほどの、花火のように華やかに咲いて一瞬で散ってゆく恋を夢見るもの。

生たまご男子との恋愛は、ドラマティックなものになるでしょう。

 

卵たまごは万能食品。万能な男はいないとしても、様々な調理法でいろいろ楽しみたいものです。

関連記事リンク(外部サイト)

実は女子がアプローチしている行動4つ
【連載】女のホンネとタテマエ~家庭的な自分をアピールしているコトバ~
【連載:映画で分かる女の本音】~猫がお手本!? 甘え下手の大人女子に観て欲しい!〜『猫なんかよんでもこない。』

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP