ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、OnHubでゲスト用のSSIDを作成できる「Guest Wi-Fi」機能を今週のファームウェアアップデートで提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が自社ブランドの家庭用 Wi-Fi ルーター「OnHub」に、ゲスト用のアクセスポイントを作成できる新機能「Guest Wi-Fi」を最新のファームウェアアップデートで追加すると発表しました。従来の OnHub では 1 つの SSID しか作成できず、ゲスト用のオープンな SSID などを別途作成することはできませんでしたが、今週実施されるファームウェアアップデートでゲスト用の SSID が作成できるようになります。Guest Wi-Fi 機能では、単にゲスト用の SSID を作成するだけではなく、OnHub に接続されているデバイス(Chromecast や Wi-Fi スピーカー)へのアクセス制御も可能となっています。例えば、Wi-Fi スピーカーの使わせてあげるような設定も可能です。さらに、OnHub にはプライベートな WEB ページ「On.Here」が追加されます。ゲストユーザーがゲスト用の SSID に接続し、WEB ブラウザを起動すると、On.Here ページが自動的に表示され、利用できるデバイスなどを知らせます。Source : Google

■関連記事
プラスワン、Priori 3S LTEを2月12日に発売
Y!mobile、Nexus 6のAndroid 6.0.1(MMB29Q)を配信開始
クラウドキャストと弥生会計、弥生会計のクラウドアプリ利用者が無料で使うことができるAndroid用経費精算アプリ「Staple for 弥生」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP