ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アクションテック、Continuumに特化したワイヤレスアダプター「ScreenBeam Mini2 Continuum」を2月11日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米アクションテックが Lumia 950 / 950 XL や NuAns NEO などの Windows 10 Mobile スマートフォンで利用できるデスクトップ機能「Continuum」に最適化したワイヤレスアダプタ「ScreenBeam Mini2 Continuum」を国内で 2 月 11 日に発売すると発表しました。Continuum は。Miracast や HDMI 接続で Windows 10 Mobile を外部モニタに接続すると、スマートフォンの画面を Windows 10 のデスクトップ画面に切り替えて表示し操作できる機能です。これは全ての Windows 10 Mobile が対応しているわけではなく、対象機種は限られています。ScreenBeam Mini2 Continuum は、先に発売された Miracast ドングル「ScreenBeam Mini2」を Continuum に最適化させた製品です。パッケージには USB 入力を行うための Y 型ケーブルが同梱しており、Bluetooth レシーバーやワイヤレスレシーバーを接続することで、Bluetooth マウスやキーボードを接続して完全なワイヤレス環境で Windows 10 のような Continuum 操作が可能となります。ScreenBeam Mini2 Continuum は Wi-Fi a/b/g/n(2.4 / 5Ghz)対応で、モニタとは HDMI で接続します。また最高解像度は 1,080p のフル HD となります。価格は 9,800 円で、全国の家電量販店や Amazon などで販売されます。Source : アクションテック

■関連記事
プラスワン、Priori 3S LTEを2月12日に発売
Y!mobile、Nexus 6のAndroid 6.0.1(MMB29Q)を配信開始
クラウドキャストと弥生会計、弥生会計のクラウドアプリ利用者が無料で使うことができるAndroid用経費精算アプリ「Staple for 弥生」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP