ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さかなクン「黒ハコフグ」に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫


1月31日、東京・ 港区で、昨年11月に93歳で亡くなった漫画家・水木しげるの「お別れの会」が開かれた。会には漫画家のちばてつや、さいとう・たかを、作家の京極夏彦、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』で水木さん夫妻を演じた俳優の向井 理、松下奈緒ら7000人以上が参列。各メディアでも大きく報じられたなかで、ネットではさかなクンの姿が注目を集めていた。

【もっと大きな画像や図表を見る】

テレビ画面にチラリと映ったさかなクンは、喪服にトレードマークのハコフグの被り物。ただ、そのハコフグがいつもの青色ではなく、黒っぽい色になっていたのだ。そのため、

「さかなクンの頭のハコフグ、黒いやつもあるんだな」
「揺るがないさかなクン。さすが!いつもは青いハコフグが黒いハコフグになっとる。わざわざ作ったんだとしたらそれだけでお別れの気持ちがこもってるし、なにより水木先生はすごく喜んでくれてるんじゃないかな。故人が喜んでくれることが何よりも大切」
「素晴らしい。水木氏ならきっと褒めてると思う」
「ちゃんと弔事用なら問題なかろう」

と注目し、さかなクンの姿勢を称賛する声が相次いだ。

なかには、被り物はふさわしくないのでは? という指摘もあるが、「水木しげるサン お別れの会」実行委員会は、「葬儀と異なりお別れの会となりますので、喪服でなく平服でお越しくださいませ」と案内しているため、

「水木しげるさんのお別れ会なら…さかなクンの格好でも大丈夫な気がする。平服でよいんだしさ…しかもハコフグがきちんと弔事用だよ?」

と、“水木しげるさんのお別れ会ならアリ”とする人が多いもよう。

ただ、実際は「黒いハコフグ」の被り物を用意したというわけではなさそうで、

「さかなクンの黒いハコフグ帽子もとい本体は、恐らくクロマキー合成用と思われます。(普通はブルーバックなので青だと透けてしまう。)」

という指摘も多数。「クロマキー合成」とは、背景を緑や青(ブルーバック)にして撮影し、背景に他の映像を合成する技術。緑や青にする理由は肌の色みと反対の色(補色)だからで、いつもの「青いハコフグ」だと、被り物も背景に同化してしまう。さかなクンは、テレビの撮影用に、「クロマキー合成用の黒いハコフグ」を持っていたようなのだ。

あらかじめ持っていたとはいえ、「お別れ会」に黒い被り物をチョイスしたさかなクン。水木しげるさんもきっとニヤリとしていることだろう。
(花賀 太)
(R25編集部)

さかなクン「黒ハコフグ」に注目はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

「素顔は別人」だと思う芸能人1位
「怠け者になれ」水木氏幸福の法則
妖怪? 92歳水木しげるの食生活
さかなクンに“さかな語”で勝負
ねずみ男が似合う男2位は大倉孝二

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。