ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プログラミングできるドローン!わずか37グラムの「CoDrone」が良さそう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“飛行ドローン”というワードは、今やすっかりおなじみになった。「興味はあるけど、自分で利用するのは難しそう……」そんな人には、誰でも簡単にプログラムができる飛行ドローン「CoDrone」がよいかもしれない。

ドローンには、さまざまなセンサーやカメラが搭載されており、飛ばすことはもちろん、人の動きを追跡したり、ドローン同士で戦わせたりなんてこともできるという。

・必要な部品はすべて同梱

同梱キット内には、飛行ドローン本体・ジョイスティックとフレーム・バッテリーパックなどが入ったコントローラーセット・Arduinoのボード・バッテリー・USBチャージャー・Bluetoothモジュール・ケーブルが入っている。

・重さわずか37グラム!

ジャイロスコープ・気圧計センサー・赤外線センサー・ホバリング用センサーなどを搭載。体重量はわずか37グラムしかなく、最大距離約51メートル、最大飛行時間8分で、必要充電時間は48分ほど。

「CoDrone」では、専用サイトrobolink.com/communityを用意。

ステップごとに説明したチュートリアル動画を見ながら作業を進められるので、初心者でもわかりやすく、5分もすればドローンを飛ばせるようになっているはず。

学習したコーディングの知識を活用して、自分独自のプログラムを設定できるようになれば、人の動きについて行くようにしたり、ドローン同士をバトルさせたりなんてこともできる。

・Kickstarterで出資を受付中

現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで3月7日まで出資を受付中で、目標金額5万ドル(約603万円)の2倍を超える14万ドル(約1688万円)近い金額を早くも集めている。

CoDrone

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP