ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝青龍 モンゴル女子レスリング率い「リオでメダル」の野望

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 女子レスリングで五輪3大会連続金メダルを獲得している伊調馨が、ロシアで開催されたヤリギン国際大会で13年ぶりに敗れた。このニュースが伝わったとき、モンゴルレスリング協会会長をつとめる元横綱朝青龍はTwitterで「10-0(※得点)でモンゴルが日本に勝ったよ!」「Pride!」などツイートやRTを繰り返し、喜びを爆発させた。モンゴルの女子レスリングが、これまで世界のトップを独占してきた日本女子に「追いついた」瞬間だった。

 伊調を破ってヤリギン国際大会で優勝したオホン・プレブドルジは22歳の大学生。これまで目立った戦績はなかったが、伊調を破ったことで一躍、世界のレスラーから注目される存在になった。

「テクニック的にはまだまだ発展途上ですが、足腰がとても強い。タックルに入ってきたところを腰の強さで返して得点にしていった。モンゴルの選手は全体的にそうなのですが、下半身がしっかりしているのが特徴です。若くて伸び盛りなので、勢いもありますね」(日本レスリング協会強化スタッフ)

 女子レスリングが五輪の正式種目に加わったアテネ五輪から数えて、リオ五輪は4回目の五輪になる。世界レスリング連合(UWW)も普及に心を砕いてはいるが、女性と格闘技という組み合わせを敬遠する文化は根強く、競技力向上に苦戦している。そんななか、モンゴルは女性が格闘技をすること、厳しい練習をすることに対して抵抗が少ないという。

「欧米の指導者は男子と同じ過酷なトレーニングを女性に課すことに抵抗があります。声を荒げたり手を上げるなんてありえないとも。その点、モンゴルは良くも悪くも男女差がない。首都でも冬はマイナス10度になるような寒さと雪の中、外でトレーニングして鍛えていると聞きました。日本の女子も脱走に成功した選手はいないといわれる虎の穴、十日町の山奥にある合宿所で強化合宿をしていますが、環境だけならモンゴルのほうが過酷ですね。

 いまの大相撲はモンゴル力士が席巻していますが、女子レスリングもモンゴル勢が日本の勢いを上回る日がくるかもしれません」(全国紙一般スポーツ担当記者)

 かつて、レスリングの世界でモンゴルは強豪国のひとつに数えられていた。横綱白鵬の父、ジグジドゥ・ムンフバトがフリースタイルで銀メダルを獲得した1968年のメキシコ五輪以来、4大会連続で五輪の表彰台にあがっている。ところが、近年はすっかりメダルから縁遠くなり、2012年ロンドン五輪で女子63㎏級バトチェチェグ・ソロンゾンボルドが銅メダルを手にするまで待たねばならなかった。

 ソロンゾンボルドは、昨年の五輪予選を兼ねたラスベガスでの世界選手権決勝で日本の川井梨紗子をフォールして優勝している。モンゴル悲願の金メダルをとの声も強い。

 上り調子のモンゴル女子レスリングの活躍に朝青龍が思い入れたっぷりに喜びを爆発させているのには、わけがある。ちょうど大相撲引退のころからバックアップしてきた我が子の成長を見守るような気持ちでおり、さらにリオ五輪でメダル獲得の野望を持っているからだ。

 2010年9月、断髪式を直前に控えた朝青龍は、モスクワでのレスリング世界選手権会場に姿を現した。そのとき、モンゴル女子で初めての世界チャンピオンが誕生した。引退後はモンゴルレスリング協会の名誉会長として選手強化のバックアップに関わり、2011年には世界選手権の順位の合計によって決まる国別順位でモンゴル女子は3位に入賞した。表彰式にはモンゴルを代表したみずから表彰台にのぼり、大きなカップを受け取って「まるで賜杯みたいだね」と無邪気に喜んだ。

 2013年に名誉会長から会長につくと、その前年から開催しているフリースタイルと女子の国際大会「モンゴル・オープン」やアジア・カデット選手権、アジア・ジュニア選手権、さらに五輪世界予選第1戦の誘致にも成功している。朝青龍ことドルゴスレーン・ダグワドルジ会長の剛腕ぶりは目覚ましいが、モンゴル国内には反発する勢力も根強い。

「昨年の世界選手権会場に、彼は現れませんでした。大会前、UWWにモンゴルのレスリング関係者から国際大会開催時に巨額な使途不明金があると告発文書が届き、その釈明を求められていたのですが、何の回答もしないままだったからです。結局、あの告発がその後、どのように処理されたのかはわかりません。ややこしい事情があっても、今回のように大喜びしてみせるのは彼らしいですけどね(笑)」(スポーツ紙レスリング担当記者)

 プレブドルジが伊調に勝った喜びツイートのひとつで、朝青龍は「今日横綱に昇進した記念日、モンゴルレスリング協会会長になり。あの鉄人に内の若い女子レスラーが10-0勝ち何かの力が感じました」(原文ママ)とつぶやいている。ひょっとしたら、これからトップに昇ろうとするモンゴル女子レスリングに、自身の姿を重ねているのかもしれない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
五輪で6種目すべてに男女の区別がない現在唯一の競技とは?
松嶋菜々子似で注目集める美女ゴルファー リオ五輪に期待大
カメラマンが「浅尾美和より断然オシ」という美人アスリート

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP