ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本出身力士 琴奨菊であろうと今後の活躍期待できぬ現状

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大関・琴奨菊が2016年初場所で初優勝。メディアは「10年ぶりの日本出身力士の優勝」と絶賛、「次は若乃花以来18年ぶりの日本人横綱誕生か」とお祭り騒ぎをした。確かに次は、琴奨菊にとって綱取りがかかった大事な場所である。しかし現実は甘くなさそうだ。

 初場所千秋楽、NHKで大相撲中継の解説をしていた元横綱・北の富士氏は、

「失礼だけどこれまでまったく優勝候補に挙げられなかった。(来場所の綱取りは)これまでの成績も加味されると思うが、全勝か14勝での連覇なら、(横綱に推挙する)声も出るだろう」

 と、厳しい昇進条件を口にし、伊勢ヶ濱審判部長(元横綱・旭富士)も場所後、

「これまで安定した成績がないが、(来場所も)レベルの高い優勝なら、そういう声も自然に出てくる」

 と、通常の「優勝か優勝に準じる成績」では昇進させないことを示唆。初場所で3横綱をすべて退けた大関に対する評価としては異例の厳しい見方を示した。

 九重親方(元横綱・千代の富士)に至っては酷評。

「豊ノ島のいなしにあっさり負けてしまうなど、危なっかしい相撲。綱取りを目指すには、がぶり寄りだけでは技が少なすぎる」

 来場所での横綱昇進の可能性に関しては「全勝優勝する力がアイツのどこにある?」と斬って捨てた。

 無理もない。琴奨菊は大関に昇って以降、26場所で218勝。1場所当たりに換算すると8.38勝で、いわゆる「クンロク(9勝6敗)大関」より悪い。カド番が5回もあったのもむべなるかな、2桁勝利は8場所のみだからだ。

 琴奨菊は師匠の現役時代にそっくりだといわれる。

 大関在位32場所で、典型的なクンロク大関と呼ばれた先代佐渡ケ嶽親方・元琴櫻は、1972年九州場所と翌年の初場所に連続優勝、第53代横綱に昇進した。32歳2か月の遅咲きで、横綱にはなったが在位8場所で引退(2桁勝利はそのうち4場所だけ)。仮に琴奨菊が連覇して横綱になれば、32歳1か月での昇進となる。

 琴櫻は右のおっつけと左のど輪が得意技、琴奨菊は右を抱え込み左を差してのがぶり寄りが身上と、多少の違いはあるが、一気の出足勝負の単純な攻めはそっくり。身の丈に合わぬ昇進が悲劇を招く道も似ていないことを願うばかりだ。

 琴奨菊に限らず、「日本出身力士」の今後の活躍も期待はできそうにない。

 稀勢の里はまだ優勝経験がなく初場所も9勝止まり。モンゴル3横綱との昨年1年の対戦成績は4勝9敗と大きく負け越している。同じ大関・豪栄道は今回4勝11敗と大負けして3月場所はカド番。2014年9月場所で大関に昇進してから一度も2桁勝利がない。

 小結に上がった勢は5勝10敗。大関昇進が期待される栃煌山も負け越し、期待の遠藤は来場所も全休なら幕下陥落の恐れさえある。

「近年の日本人力士はスカウティングの段階から失敗している。身体能力の優れた子供は他のスポーツに取られてしまい、新弟子検査の受検者は減少して増える気配がない。稼げるスポーツは他にたくさんありますからね。反対にモンゴル人にとっては、日本の相撲はまだまだ稼げる夢のスポーツ。モンゴル全盛時代はしばらく続くでしょう」(角界関係者)

 日本人横綱どころか、日本人の優勝は、今後また10年を待たなければならないかもしれない。

「今回の琴奨菊の優勝が話題になって、相撲に興味を持つ人が出てきたらうれしいな。日本人でも、コツコツやれば優勝できると思う親御さんもいるかもしれないからね」

 大島親方(元関脇・旭天鵬)の言葉は、そら怖ろしい響きにも聞こえてきた。

※週刊ポスト2016年2月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
稀勢の里 綱取りは2015年の前半が最後のチャンスにと評論家
相撲協会 九州場所での新大関・琴奨菊と暴力団の関係不安視
稀勢の里ギリギリ大関昇進の陰に「琴奨菊に横綱はムリ」の声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。