ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「マネーの虎」川原社長が復活イベント資金を公募 投資される側に

DATE:
  • ガジェット通信を≫


なんでんかんでん一夜だけの復活プロジェクト!/画像はすべてRockin’ Cheerより
かつてTV番組「¥マネーの虎」にレギュラー出演し、一世を風靡したラーメン店「なんでんかんでん」の社長である川原浩史さんが、一夜限りの「なんでんかんでん復活イベント」を行うための資金募集をクラウドファンディングサイト・Rockin’ Cheerにて実施している。

支援者がお店を経営している場合は川原さんに1日店長をつとめてもらえたり歌唱パフォーマンスを行ってもらえるなどの出張サービスや、川原さん直々の経営コンサルティングを受ける権利といった、様々なリターンが金額に応じて用意されている。

目標金額は100万円で、期限は5月9日(月)23時59分までとなっている。ちなみに2月2日現時点での支援金は0円だ。

¥マネーの虎・なんでんかんでんの川原社長


川原浩史さんは、行列のできるラーメン店の元祖とも評される「なんでんかんでん」の社長。

東京で豚骨ラーメンを流行させた張本人であり、プリントのりの発明や短時間しか麺を茹でないこな落としを命名したことでも知られ、わずか13坪の店舗ながら年商3億円まで登りつめた。

2001年から2004年まで放送され、起業家達が若者の事業や夢に対して自腹で現金を投資するかどうかの判断をするバラエティ番組「¥マネーの虎」では、その実績から投資家としてレギュラー出演。

ノーマネーでフィニッシュです」をはじめとしたインパクトのある決まり文句や演出で注目を集めた同番組をきっかけに、川原さんはタレントとしてもブレイクを果たした。

しかし、ラーメンブーム衰退などのあおりを受けてか、2012年には「なんでんかんでん」本店を閉店。その後、他の直営店やフランチャイズ店も相次いで閉店となった。

そんな折、突如発表されたクラウドファンディングの実施。「なんでんかんでん復活イベント」を開催するための資金が公募されている。

イベントでは、東中野のセルフキッチンを利用し、川原浩史さんが自ら豚骨ラーメンをふるまうという。

さらに、これまでの川原さんの急転直下の人生から今後のビジョンに至るまでが包み隠さず語られる講演会も開催。

今のところ支援者は現れていないようだが、かつて投資する側であった「¥マネーの虎」こと川原さんの動向から目が離せそうにない。

引用元

「マネーの虎」川原社長が復活イベント資金を公募 投資される側に

関連記事

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP