ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android Tips : Pixel Cのステータスバーとナビバーを隠して画面を広く使う方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google の最新タブレット「Pixel C」は、他のタブレットよりも横に長いディスプレイ(縦 2,560 x 横 1,800 ピクセル)を搭載しているのですが、ナビゲーションバーとステータスバーの画素によって表示領域が狭くなっています。せっかく横に広いので、できれば PC 作業の時には広く使いたいものです。この記事では、あるアプリを使ってナビゲーションバーとステータスバーを非表示にして画面を広く使えるようにする方法を紹介します。利用するアプリは「Immersive Full-Screen Mode」です。過去にも紹介しましたが、Pixel C でも十分機能するのでこれを使います。基本的には「Immersive Mode」を ON にするだけです。すろと、ナビゲーションバーが自動的に隠れ、画面の表示領域が拡大します(縁から上にスワイプすると数秒だけ出現します)。オプションでステータスを隠すことができます。また、通知パネルのショートカットで機能を ON / OFF することもできます。このアプリにはブラックリストとホワイトリストで特定のアプリを起動した時にだけアプリを有効 / 無効にすることができますが、アプリによっては機能しない場合があるのでおすすめしません。

■関連記事
2日に出回ったGalaxy S7 / S7 edgeのデザインやスペックに関する噂まとめ
総務省、スマートフォンの割引額の適正化を目的としたガイドライン案を公開
Microsoft、フィットネスアプリ「Microsoft Health」をアップデート、体重のトラッキング機能やGPSパワーセーブモードなどを追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP