ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「どうせ孤独に年寄りになるんだ」自暴自棄でボロボロだった私が一大決意して手に入れたのは…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私は現在37才の既婚者で、一昨年元気な男の子が産まれ、現在2人目の子がお腹にいます。予定日は6月。旦那様とも仲良く本当に幸せな毎日を過ごしています。

私は34才まで独身で一人暮らし、20代から10年以上鬱病や頭痛に悩まされ、健康で楽しくお友達と過ごすような事もなく、仕事もフルタイムでは働けずに孤独で自暴自棄になって暮らしていました。

どうせこのまま1人で過ごして年寄りになるんだろう、と勝手に思い込みタバコは1日40本も吸いジャンクフードばかり。

自炊もしない不摂生な毎日がたたり、30代で髄膜炎で入院、その後すぐ事故で顎を骨折し手術と入院、あげくに精神科にも入院するほどに、体も心もボロボロになってしまっていました。

退院し、骨折の後遺症で神経に麻痺が残ったまま、酷い頭痛も引きずって私は家からすぐの所にあった接骨院に通い始めました。

ただ先生が背中などをさすってくれる。私はなんだかそれだけで心から涙が出ました。

その接骨院の奥様に赤ちゃんが生まれ、お会いした時の可愛さといったら。

私は生まれて初めて赤ちゃんを近くで見て触れて、笑いかけられました。

涙がまた出ました。

普通の生活の幸せを初めて見た、当たり前にあるような普通の家族が存在していることに、ショックなくらいでした。

結婚しよう、子どもも作ろう、今までの家族や孤独じゃなくて、自分の家族を作り幸せを自分で作るんだ、私はそれがしたかったんだと分かった時は目からウロコでした。

それからすぐ、相手もいないのに禁煙を始めました。ずっと飲み続けていた抗うつ剤も眠剤も、赤ちゃんをいつ授かってもいいように、止める為に先生と随分相談し、合う病院を探し早寝早起きに自炊もして、大学に行き直し教育課程の科目を勉強し直しました。

立て直そう、ちゃんと生きよう、結婚して子どもを作ろう。

結婚もしていないのに、あたかも新婚生活をしているような気持ちで暮らしました。

それだけが目標で頑張れた。

それから1年、見事に脱タバコ、脱薬に成功した34才の終わり、なんと、20年間も会っていなかった同級生に遭遇しました。

まるで、待っていてかのように私たちは本当にすぐに打ち解けました。

昔、彼に色々助けられたりして好きだった人でした。

多分、彼も私が好きだったんじゃないでしょうか。

信じられないような、運命のような、不思議だけど、このタイミングだから再び出会えたと思える自然なお付き合いになりました。

付き合いだして3ヶ月で妊娠、そして結婚しました。

普通の幸せ、普通の毎日がスタートし、私は生まれてからこんなに穏やかに静かに、1人ではない安心感の中で暮らすのは初めてだと気付き、また嬉しくて泣きました。

赤ちゃんが出来てから、赤ちゃんに癒され私は初めて、誰かの為に生きているという実感とか存在感を感じています。

しかも、今、2人目の赤ちゃんがお腹に。

大事に、大事にして行きたい家族に本当に感謝しかない毎日です。

不摂生で駄目駄目な独身生活にピリオドを打ち、その後の未来を信じたことが、私の婚活、妊活の始まりです。

まさかその二つが同時に来るとは思ってもみなかったのですが、きっかけを与えてくれた病気や、目を覚まして下さった接骨院の先生や赤ちゃんの笑顔に、励まされて出来た事でした。

旦那様にも感謝しかないです。

見えない未来でも、それまでが暗すぎす闇のような毎日だったとしても、そこから抜け出したいとかベストを尽くして見ようとか、自分の不幸や闇が自覚的に、かつ客観的に思えた時はチャンスだと思います。

回りの人びとの愛情を感じて、沢山の人びとの手助けによって成り立つ授かりものに、感謝です。

著者:アニャリーナ

現在37才の、1才2ヶ月の男の子のママです。2人目の赤ちゃんがお腹にいます。出産予定日は6月。現在は6ヶ月になりました。34才で旦那様になる人に出会い35才で妊娠、結婚。ほぼ同時でした。体験記は旦那様に会うまでの1人妊活の事です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

タイミング療法で何度もチャレンジ。赤ちゃんが私たちのところへ来てくれるまで
知っておきたかった保険の話。生理不順を整えるための通院も子宮系の病気になる!
子供にしか見えない何かが見えてる…?!私でも夫でもない誰かに話しかける長男

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP