体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

70万円で世界一周したら人生かわった!TABIPPO代表に聞く「世界一周のススメ」

70万円で世界一周したら人生かわった!TABIPPO代表に聞く「世界一周のススメ」 f:id:tyo-press:20160201101937j:plain

若者にとって世界一周旅行や、ひとり旅をすることは、10年前と比べて珍しいことではなくなりました。書店では世界一周に関する書籍や写真集が数多く並び、世界一周経験者の体験談を聞くイベントも頻繁に開催されています。

そんな“世界一周ブーム”や、”旅ブーム”の立役者が、“世界一周団体TABIPPO ”。毎年5,000人以上の旅好きが集まる、旅をテーマにした日本最大の野外フェス「旅祭」の運営や、ウユニ塩湖本格写真集『UYUNI IS YOU』の出版など、「旅で世界を、もっと素敵に」というコンセプトのもと、さまざまな取り組みをしています。

なぜいま、多くの若者が旅に惹かれるのか。旅は若者のキャリアにどのような影響を与えるのか……。今回は自らも世界一周の経験者であり、旅先で出会った友人たちとTABIPPOを立ち上げたという清水直哉さんに、“旅とキャリア”について聞きました。

旅で世界を、もっと素敵に

—現在のTABIPPOの取り組みについて教えて下さい。

TABIPPOは「旅」を軸にしながらも、領域を絞らずに現在は5つの事業を展開しています。

わかりやすいところで言うと、日本で一番大きな旅をテーマにした野外フェスである「旅祭」の主催や、TABIPPO2016という全国3都市で学生を6,000人集める大規模イベント。そして、旅大学という名のコミュニティイベントなど、年間で1.5万人以上の人と接することで旅の魅力を伝えています。

f:id:tyo-press:20160201102304j:plain

そうしたイベント事業の他に、メディア事業、プロダクト事業、キャリア事業、マーケティング事業という、5つの事業を行っています。

全ては「旅で世界を、もっと素敵に」という、僕らが掲げる理念を実現するための活動です。

70万円で14カ国を巡った

—清水さん自身も世界一周の経験者とのことですが、最初に旅に出ようと思ったきっかけは?

サッカー部に所属していた大学2年生のときに、ヨーロッパへサッカーを見に行こうと思ったのがきっかけです。もともと両親がバックパッカーで、世界を旅する話は小さい頃から聞いていました。そのため、初めての一人旅でヨーロッパを周ることにしました。

そんな旅の途中で、世界一周のひとり旅をしている大学生と知り合いました。当時は大学生が世界一周できるなんて思ってもみなかったので、衝撃的で、「自分もいつかやってみたいな」と思うようになったんです。

ヨーロッパ旅行から帰国して、サッカー部を引退した翌日から、世界一周に旅立ちました。

—世界一周って、お金も時間もかかりますよね?

40万円くらいで16フライト乗ることができる“世界一周航空券”というものがあるので、トータルでかかったのは70万円くらいです。めちゃくちゃ安いですよね。約3ヶ月間で14カ国に行きました。

—意外と手軽に行けるものなんですね!

実際、どんな国へ行かれたのですか?

東南アジアはいつでも行けるだろうと一旦飛ばして、いきなりインドから入りました。その後、ヨルダン、エジプト、イスラエル、トルコを陸路でまわって、ヨーロッパのスペインに入り、サッカーを少し観たあとにアフリカのモロッコへ渡り、南米のペルーに行ってからは陸路でボリビア、チリ、イースター島へ行ってから、アメリカに行っておしまいです。短期間だったので、行きたいところだけ都市を絞って周りました。

f:id:tyo-press:20160202130610j:plain

—世界一周旅行に出る前に、何か目標やテーマは決めて行ったのですか?

いえ、何も。ただの好奇心だけですね。

最初ヨーロッパへ行ったときに、「ヨーロッパと一口に言っても、実際はオランダとスペインとドイツって、こんなに違うんだ!」と感動したので、「それなら世界の国々を比べたら、どんなに違うんだろう」と思ったんです。

あとは、旅に出る前に就活で挫折した経験があったので、自分探し的な側面はあったかな。サッカーしかやってこなかったので、なりたい職業もまったくないし、将来の夢なんてわからなかったんです。

世界には“やりたいことをやれない人たち”がたくさんいた

—旅の前後で、ご自身の考え方に変化はありましたか?

大きな変化としては、旅に出る前は変なプライドが邪魔をして、就活で大手志向の呪縛のようなものに囚われていたんですけど、そういうのは一切なくなりましたね。年収も一切気にならなくなりました。

あとは自分の人生の価値観が明確になりましたね。旅をする中で、「僕の人生は『やりたいことをやる!』というのを大切にしよう」と心に誓ったんです。

—それは、なぜですか?

世界のいろんなところを旅していると、“やりたいことをやれない人たち”をいたるところで、たくさん目にすることがありました。そしてそうした人たちは、どんなに望んでも、本当にやりたいことができない宿命にある。

—最も印象に残っているエピソードは?

インドの床屋さんの話ですね。インドにはカースト制度の名残があって、なぜか床屋さんに生まれるとカースト上では低い位なんですよ。宗教的に髪の毛を触るのは汚いというのがあるそうで。床屋さんの子供に生まれただけで、大学にも行けないし、一生金銭的に裕福になれることもない。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。