ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

EDMフェス運営の大手SFXが倒産も「Beatportはふだん通り運営」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SFX倒産でも「Beatportはふだん通り運営」。Beatportが声明文を公開

大型EDMフェスを世界で運営するプロモーション会社「SFX Entertainment」が2月1日に破産を申告したことを受けて、子会社でもある音楽ダウンロードストアの「Beatport」が今後も継続して運営を続けていくと声明文を出しました。

Digital Music Newsに掲載された公式声明分では、まずBeatportのプラットフォームは制限なく完全に運用を続け、オンラインストアさらには音楽ストリーミングもこれまでと変わらず事業を続けていくと説明しています。

Beatportでは今後も毎日新作リリースをストアに追加し、動画制作も行っていきます。

また破産申請で気になる点の一つでもあるレーベルや権利関係者への支払いについては、Beatportはレーベルおよびサプライヤーへの支払いも継続して行うことをはっきりと述べています。

 「TomorrowLand」や「Electric Zoo」への影響は? EDMフェス運営の大手、SFX Entertainmentが倒産

先週Beatportは同社で初めて米国以外での海外拠点をオランダに作り、ローカルシーンに特化したサイトをオープンしたばかりです。

DJやトラックメイカーの御用達となっているBeatportがSFXの破産を受けて運営に支障をきたすことになれば、エレクトロニック・ミュージックシーンに拡がる影響は決して小さくないはずです。また今後もBeatportが新作発売やコンテンツ制作にどれだけ投資できるのか、今の段階では定かではないため、これから世界最大のエレクトロニック・ミュージック・ストアであるBeatportがどんな戦略を展開するのか、注目が集まりそうです。

■記事元http://jaykogami.com/2016/02/12686.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。