体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あゆみくりかまき 初の東名阪ツアー開催、昨年末の交通事故から“復活”

エンタメ
あゆみくりかまき 初の東名阪ツアー開催、昨年末の交通事故から“復活”

昨年末の自動車事故でその動静が心配されていた、関西出身のアイドルパンクDJユニット・あゆみくりかまきだが、初の東名阪ツアー「ボクらの熊魂2016〜チャーハン・シャケ缶・とーめーはーん!〜」が予定通り行われ、1月31日に東京はLIQUIDROOMでファイナルを迎えた。

会場はオープン前からまたぎが詰めかけ、異様な熱気に包まれた。開演直前のBGMとして御馴染のTHE HIGH-LOWS「日曜日よりの使者」が流れ終わり会場が暗転すると、ステージ前の幕が左右に引かれ、お立ち台に乗って“復活”と書かれたフラッグを掲げたメンバーがライティングの中浮かび上がった。

文字通り交通事故からの“復活”を宣言するメンバー三頭の勇姿に沸くオーディエンス。この日オープニング曲となる「ジェットクマスター」のイントロが流れると、事故で完治していない腕を吊った“盛り上げ役”のまきが「ここ恵比寿LIQUIDROOMからあゆみくりかまきリスタートします!」と高らかに宣言。

また、まきが語ったように「今日は持ちうただけで勝負するぞ!」の言葉通り、この日はいつもの「DJパート」(1部)〜「オリジナルパート」(2部)という構成ではなく、オリジナル楽曲からのスタートとなった。最新シングル「心友フォーエヴァー」「クマトナデシコ」「蜜蜜蜜」と立て続けにパフォーマンスし、観客を盛り立てていく。

MCで、まきは昨年末の交通事故で今回の東名阪TOURが危ぶまれたことを明かし、「一日でも一秒でも早くみんなのその笑顔に会いたかったので、悔いを残さないように全力を出し切るから最高に楽しくハッピーな一日にしようね」と声を詰まらせた。

くりかまき時代のシングル「クマトナデシコ」収録のカバー曲「My Sweet Darlin’」と「アナログマガール」を挟んで、4月13日発売のアルバム「あゆみくりかまきがやって来る!クマァ!クマァ!クマァ!」から、自分たちの名前を歌詞に盛り込んだという新曲「What’s my name?」を披露。

そして今回の東名阪TOURでは、中盤にメンバーのソロ企画が初めて盛り込まれ、あゆみは研究生時代に歌っていたという、いきものがかりの「ブルーバード」を、くりかは「カラオケでよく歌うという」柴咲コウの「ラバソー 〜lover soul〜」をそれぞれ歌い上げる中、まきは、唯一歌唱ではなく得意の似顔絵を披露するということで、観客をステージ上にあげてデッサンを試みるというほのぼの企画も用意された。

続くMCで「あゆみくりかまきの集大成となるアルバム『あゆみくりかまきがやって来る!クマァ!クマァ!クマァ!』をTOP10に入れるべく突っ走っていきます。(このアルバムを)自分たちの音楽の歴史に刻みたいので、皆さんの肉球パワーを三頭にかして下さい!」と語り、「あゆみくりかまきの曲を、あゆみくりかまきという存在を心の奥に刻んでもらえるように、次の曲も一生懸命歌います『KILLLA TUNE』!」と叫んで怒涛の後半戦に突入。本編最後の「自分革命」から、アンコールを挟んで、「森のくまさん」そしてエモーションが炸裂した「ナキムシヒーロー」までを一気に駆け抜けた。

未だ事故の傷も癒えぬ三頭ながら、あまりにエモーショナルで熱いパフォーマンスは、またぎの胸に深い爪痕を残し、最後は全員記念撮影を行い大団円を迎えた。

なお、今週末2月6日のタワーレコード新宿店を皮切りに、アルバムレコ発のリリース記念ツアーがスタート。こちらイベント観覧は無料とのこと。詳細はオフィシャルHPを要確認。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会