ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Google、Android用『Google+』アプリをアップデート、日本語に対応、投稿の共有機能が追加

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Googleは8月25日、『Google+』のAndroidアプリのアップデート版v1.0.6を公開しました。v1.0.6でアプリが日本語に対応し、ユーザーインタフェースの各パーツや説明が日本語で表示されるようになりました。

ストリームの投稿を他のユーザまたはサークルと共有する機能が新たに追加されています。これまでのバージョンでは、初回起動時に表示されるインスタントアップロードの設定画面にインスタントアップロードのON/OFFを選択できるだけでしたが、v1.0.6では「Wi-Fi/モバイルネットワーク」、「Wi-Fi経由のみ」、「インスタントアップロードを無効にする」からインスタントアップロードの設定を行うことができます。サークル一覧から直接サークルを新規作成できるようになりました。

v1.0.6の変更内容
・Reshare a post App now available in 38 languages
・Incremental improvements to notification reliability
・Clearer Instant Upload options in the initial setup dialog
・Ability to create a new circle from the “Circles” destination
Bug fixes:
-Eliminate Instant Upload duplicates on HTC models
-Fixed “No name” issue in Huddle
-Hidden 1:1 Huddles now reappear when new messages are sent
-Fixed issue with notifications count changing when switching from portrait to landscape
-Other performance fixes and minor UI tweaks
-Ability to create a new circle from the “Circles” destination
『Google+』(Androidマーケット)


(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、9月1日のIFAイベントで「Galaxy Tab 7.7」、「Galaxy Note」、「Wave 3」を発表
NVIDIA、WEBサイト版Tegra Zoneを公開
HTC Blissに搭載されるというSense 3.5のスクリーンショットが多数公開

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。