ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

至極の癒しを体験しよう!バリ島の芸術村ウブドの観光情報

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Yuka Saito「Ubud Bali」

こんにちは。TRiPORTライターのMayumiです。
『食べて、祈って、恋をして』の撮影地として有名なバリ島の小さな村ウブド。この場所は、バリ舞踊、バリ絵画など、芸術村としても有名です。
耳を澄ませば、伝統舞踊の練習に励む音色がどこからか聞こえてきます。カンカン照りの太陽に、色鮮やかな植物、魅力たっぷりのウブドについてご紹介します

芸術村、ウブドとは?

概要

ウブド(Ubud)は、インドネシア共和国バリ州ギャニャール県ウブド郡の村。ウブド郡の中心であり、ガムラン音楽、バリ舞踊、バリ絵画など、芸術の村として知られ、観光の盛んな村である。地名の由来は薬草(現地語でウバド:Ubad)が訛ったものと言われている。
一般に、ウブドというと、ウブド郡に含まれる近隣の村を含めて指すことが多い。すなち、東隣のプリアタン村、南隣のマス村、西隣のサヤン村、さらにその北隣のクデワタン村である。また、少し離れた北には棚田で有名なテガララン郡テガラランもあり、それら観光の中心地となっている。
村の中心部はウブド村寺院とその向かいのマーケットの付近であり、その間を東西に伸びるラヤ・ウブド通りと南にまっすぐのびるモンキーフォレスト通りが中心街。モンキーフォレスト通りを突き当たったところにモンキーフォレストと呼ばれる、自然保護区があり、多くの猿が生息している。
出典:ウブド – Wikipedia

ウブドの位置

1. ウブド王宮

Photo credit: Victor Ulijn via flickr cc

観光名所として有名な、ウブド王宮は、ウブド中心部にあります。
このウブド王宮には現在も王族の子孫たちが暮らしていますが、公開されている場所もあります。歴史を感じる建築をはじめ、伝統舞踊の公演が行われる場所もあります。

ウブド王宮(Puri Saren Agung)
住所:Jl. Raya Ubud, Ubud, Bali 80571, Indonesia
開館時間:朝〜(舞踊 19:30〜21:00)
休館日:祝日、宗教儀式
料金:無料(舞踊は有料)

2. ハノマン通り

Photo credit: Felix Schaumburg via flickr cc

ヨガで有名なウブド、中でもヨガ関連のお店が多く建ち並ぶハノマン通りには、オーガニックカフェやエコグッズなどのお店が近年続々とオープンしています。

ハノマン通り(Jalan Hanoman)
住所:Jl. Hanoman, Ubud, Gianyar, Bali, Indonesia

3. グヌン・ルバ寺院

Photo credit: Tatsuhiko Karasawa via flickr cc

チャプアンエリアにあるグヌン・ルバ寺院は、ウブドで最も古い寺院として知られています。
静寂に包まれた神秘的なこの場所は、マイナスイオンで溢れ、心を落ち着かせることができます。

グヌン・ルバ寺院(Pura Gunung Lebah)
住所:Jl. Raya Campuhan, Ubud, Bali, Indonesia

4. モンキーフォレスト

Photo credit: mararie via flickr cc

野生猿の自然保護区であり、パワー・スポットとしても知られています。特に、昼間はいいエネルギーが流れていると言われています。
油断していると猿たちにペットボトルや食べ物を取られそうになりますので気をつけてください!

モンキーフォレスト(Monkey Forest)
住所:Jalan Monkey Forest, Padangtegal, Ubud, Bali 80571, Indonesia
電話番号: +62 361 971304
営業時間:8:30〜18:00
休業日:無
料金:約10,000ルピア(3歳~12歳は5,000ルピア)
HP:http://monkeyforestubud.com

5. ザ・ブランコ・ルネッサンス美術館

「バリのダリ」と呼ばれる、アントニオ・ブランコは独特な色使いと、ユニークな表現で有名ですが、彼の作品の面白いところはオリジナルで作っている額縁です。ドリアンのようなチクチクした額縁など、作品とともに作られた額縁も見所の一つだと思います。
美術館敷地内には、カラフルな鳥たちをはじめ、太陽の光を帯びた美しい植物に出会えます。美術館の入り口も館内も素敵ですよ! また、入場券で敷地内のカフェでウェルカムドリンクをいただけます。

ザ・アントニオ・ブランコ美術館(The Blanco Renaissance Museum)
住所:Campuan, Ubud, Bali 80361, Indonesia
電話番号:+62 361 975 502
開館時間:9:00〜17:00
休館日:祝日
料金: 50,000ルピア
HP:http://blancomuseum.com/make-a-visit.html

6. ヨガ・バーン

Photo credit: Ubud Writers & Readers Festival via flickr cc

世界中から人々がこぞって集まるヨガスタジオ、ヨガ・バーンは、レッスンの種類が多く、初心者でも躊躇せずにレッスンを受けることができます。
大自然の中に囲まれた木造建築のスタジオで、心と身体を癒しましょう。

ヨガ・バーン(The Yoga Barn)
住所:Jalan Raya Pengosekan, Ubud, Kec. Gianyar, Bali 80571, Indonesia
電話番号:+62 361 971236
営業日:7:00〜18:00
休業日:無
HP:http://www.theyogabarn.com

7. ウブド市場

Photo credit: Fabio Achilli via flickr cc

ウブド王宮の目の前にあるウブド市場は、朝早くから店開きがはじまります。
ここでは、値段交渉をしながらの買い物が楽しめますよ。お土産から食料品までなんでも揃う市場に訪れてみては?

ウブド市場(Pasar Ubud)
住所:Jl. Raya Ubud, Ubud, Gianyar, Bali, Indonesia
営業時間:早朝〜(野菜など)8:00〜20:00(お土産)

8. アルマ・ミュージアム

Photo credit: User: (WT-shared) Shoestring at wts wikivoyage [CC BY-SA 1.0], via Wikimedia Commons

ウブドの中でも豊富なコレクションを所有するアルマミュージアムは、バリの画家だけでなく、国籍を問わず多くの画家の作品を展示しています。美術館だけでなく、敷地内の散歩もおすすめです。
また、入場券についたドリンク券は館内のカフェで使えます。

アルマ・ミュージアム(Agung Rai Museum of Art)
住所:Jl. Raya Pengosekan Ubud, Ubud, Kab. Gianyar, Bali 80571, Indonesia
電話番号:+62 361 976659
開館時間:9:00〜18:00
休館日:祝日
料金:25,000ルピア
HP:http://www.armamuseum.com/

9. カフェ・ロータス

Photo credit: Dee M via flickr cc

ウブドを代表する老舗レストランのカフェ・ロータスは、メニューが豊富なことはもちろん、大きな蓮池のそばで食事をすることができる素敵なレストランです。
夜は、食事をしながらバリ舞踊をみることもできますよ。

カフェ・ロータス(Cafe Lotus)
住所:Jl. Raya Pengosekan Ubud, Ubud, Kab. Gianyar, Bali 80571, Indonesia
電話番号:+62 361 975660
営業時間:8:30〜23:00
休業日:祝日
HP:http://www.cafelotusubud.com/

10. チャンプアンの散歩道(ウブドのトレッキングコース)

Photo credit: Fabio Achilli via flickr cc

ウブドの渓谷チャンプアンからバンキアン・シダム村にある田園の中を散歩するおすすめ観光スポットの一つです。ウブド中心部から徒歩20分のところにある、イバホテルがスタートの入口です!

11. サリ・オーガニックカフェ

Photo credit: Seth Mazow via flickr cc

車NG! 徒歩もしくはバイクでしか訪れることのできないオーガニックカフェです。
心地よい風とゆったりと流れる時間に心が癒されますよ。

サリ・オーガニックカフェ(Sari Organik)
住所:Subak Sok Wayah, Ubud, Bali, Indonesia
電話番号:+62 361 972087
営業時間:8:00〜20:00
休業日:無

12. ネカ美術館

Photo credit: Keita「神々の島 バリ島」

1976年にインドネシア人の絵画コレクター、ステジャ・ネカが開設した美術館です。6つの展示館に加え、渓谷を眺めることのできるカフェやお土産屋さんが併設しています。作品量も多く、おすすめの美術館です。

ネカ美術館(Neka Art Museum)
住所:Raya Campuhan St | Kedewatan Village, Ubud, Bali 80571, Indonesia
電話番号:+62 361 975074
開館時間:9:00〜17:00(日曜 12:00~17:00)
休館日:祝日
料金:50,000ルピア(大人)※12歳以下は無料
HP:http://www.museumneka.com

13. カフェワヤン

Photo credit: Robb1e via flickr cc

20年以上の歴史を持つ、ウブドの有名レストランの一つであるカフェワヤン。店内は南国情緒溢れ、時間を忘れるくらいのんびりすることができます。
インドネシア料理をはじめ、ケーキなども楽しめます。

カフェワヤン(Cafe Wayan & Bakery)
住所:Monkey Forest Rd., Ubud, Bali 80571, Indonesia
電話番号: +62 361 975447
営業時間:8:00〜23:00
休業日:祭日

14. ビンタン・スーパーマーケット ウブド

日用品から食料品までなんでも揃う大型スーパーです。おもちゃだって買えますよ!
2階には小さなゲームセンターのようなものがあり、見るだけでも面白いので行ってみてください。

ビンタン・スーパーマーケット ウブド(Bintang Pusat Belanja Ubud)
住所:l. Raya Sanggingan No.45, Ubud, Bali, Indonesia
電話番号: +62 361 975447
営業時間:7:30〜22:00

15. ココ スーパーマーケット

1階は食料品から日用品コーナーが充実していて、2階にはお土産が売られています。
アイスや、パンの種類が豊富です。お土産探しに寄ってみましょう。

ココ スーパーマーケット(COCO Supermarket)
住所:l. Hanoman, Ubud, Bali, Indonesia
電話番号:+62-0361-972744
営業時間:9:00〜23:00

16. テガラランのライステラス(棚田)

Photo credit: Yuka Saito「Ubud Bali」

ウブドの北に位置する、テガララン村(Desa Tegallalang)。
農業の中心が稲作であるバリでは、いたるところに水田があります。
この場所の川沿いに広がるライステラスは、バリの中でも特に美しい場所として有名です。また、その美しさゆえ、クリサン川流域のスバック(棚田)の景観エリアとともに世界遺産に登録されています。

全部観たい!バリ舞踊!

レゴン・ダンス(Legong Dance)

Photo credit: Stefan Magdalinski via flickr cc

レゴン(legong)とは、バリ島で見られる観賞用の女性舞踊である。バリ島女性舞踊の代名詞となっており、その演目は20種類にも及ぶ。
出典:レゴン – Wikipedia

バリの伝統舞踊の中でも、特に有名なのがレゴン・ダンスです。
指先まで神経が行き渡っている繊細で優雅な動きと、煌びやかな衣装に目が釘続けになります。
演目は、バリ王朝から伝わる叙事詩や恋物語など、様々な物語を表現します。

ケチャ(kecak)

Photo credit: Masaomi Takatsuka「初めてのバリは王道のバリ。」

上半身裸の男性があぐらを組み、幾重にも重なった円陣をつくりながら、「チャッ、チャッ」という掛け声の合唱によって演じられる舞踊は、迫力満点です!
それぞれのパートが持つリズムやパターンが組み合わされ、全体として16ビートのリズムのように聞こえてきます。

バロンダンス(Barong Dance)

Photo credit: Jos Dielis via flickr cc

善なるものを象徴する聖獣バロンと邪悪なものを象徴する魔女ランダの果てしない戦いを描いた、舞踊劇です。多彩なキャラクターが登場します。

ワヤン・クリ(Wayang Kulit)

Photo credit: Rebecca Marshall via flickr cc

ワヤン・クリは、1000年以上の歴史を持つ、人形を用いた伝統的な影絵芝居です。
ワヤンは「影」、クリは「皮」を意味しています。スクリーンを前に皮製の人形を使うものをはじめ、ワヤン・ベベル(絵巻物)、ワヤン・ゴレ(木偶人形)、ワヤン・オラン(歌舞伎スタイル)など多種に富んでいます。

ウブド旅行記

1. 「Ubud」MAHOさん

Photo credit: MAHO「Ubud」

初めてインドネシア・ウブドを訪れたMAHOさん。名物のナシチャンプルを食べたり、観光地のモンキーフォレストでお猿さんと触れ合ったりしています。MAHOさんのように一人でも十分楽しめるウブド! あなたも参考にしてみては?

2. 「バリ旅行」Miki Sunadaさん

Photo credit: Miki Sunada「バリ旅行」

何度も訪れたくなる、バリ・ウブド。
バリで最も美しいと言われているタナ・アユン寺院をはじめ、ウブドを少し離れてタナロット寺院を訪れる癒しの旅です。癒しのパワースポットで気持ちをリフレッシュして、新しい1日を初めてみませんか。

おわりに

魅惑のウブド、いかがでしたか?
わたしのウブドでのおすすめの過ごし方は、何もせずぼーっとしたり、プールに足をつけながらテイクアウトしたピザを食べ、コーラを飲むことです!
忙しい毎日から解放され、身も心も癒すことができるのが、ウブドの魅力だと思います。
みなさんもぜひ、ウブドでぼーっとしてみませんか?

ライター:Yuko Mayumi
Photo by:Yuka Saito「Ubud Bali」

関連旅行記

*Ryosuke Ikeda「バリ島自分探しの旅」
*Yuko Kumano「神々の棲む島バリ」
*Miz Shige「ちょっと良いヴィラでのんびりすごす癒され旅@バリ島」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP