ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビール王国ドイツ!有名銘柄20選と酵母・醸造の豆知識

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Rina Kobayashi「20代女子 初めての一人旅♡ロマンティック街道編」

こんにちは! TRiPORTライターのkomiです。
ビール王国といえば、やっぱりドイツ! 伝統と歴史がたっぷり詰まったドイツビールは、種類も味もたくさんあってどれを飲んでみようかな? なんて、わくわくしてしまいますよね。どのラベルもお洒落で、眺めているだけでとっても楽しい気持ちになれます。
今回は知っているとちょっとカッコイイ豆知識と、ドイツビールのおすすめ有名銘柄20種類をご紹介します。

発酵方法の違い・特徴について

■上面発酵ビール

20度前後の高温で発酵させたビールです。発酵している間に酵母が浮き上がってくるため、この名前で呼ばれるようになりました。
ベルリン周辺で醸造される「ベルリーナー・ヴァイセ(Berliner Weiße)」、バイエルン地方発祥の「ヴァイスビア(Weißbier)」、ケルン周辺でしか飲むことができない「ケルシュ(Kölsch)」などが上面発酵ビールの代表的な銘柄です。

■下面発酵ビール

5度前後の低温で発酵させたビールです。発酵の終わり頃に、酵母が下に沈んでいくのが特徴です。日本でもよく耳にする「ラガー(Lager)」は、下面発酵ビールの総称です。
ドイツのどこにいても飲めるほど親しまれている「ピルスナー(Pilsner)」やドイツ南部のミュンヘンで主に飲まれている「ヘレス(Helles)」、ミュンヘン生まれの黒ビール「シュヴァルツ(Schwarz)」が代表的です。

1. ベックス

Photo credit: Lagomorpha via flickr cc

世界で一番飲まれているドイツのピルスナービールです。爽やかな苦味があり炭酸が強いピルスナーの特徴がはっきりと出ていて、味のバランスが抜群です。クセがないので、ドイツビール初心者の方にぴったりです。発祥地であるブレーメンの紋章がラベルになっています。

参考価格:約310円(275ml瓶)

少し泡立ちが鈍い感じ?黄金色です。飲んでみます。かなりホップが効いてて、爽やかな苦味が続きます。甘味はなく、雑味の無いクリアな味わい。軽すぎない喉越しもいいんじゃないでしょうか。
出典 「ベックスビール(ドイツ)缶 330m」ベックスビール(ドイツ)缶 330m(BEERSくめ)あるびの精肉店さんのレビュー・口コミー楽天市場より

2. イェヴァー・ピルスナー

Photo credit: Thierry H. via flickr cc

ドイツ北部、フリースラント地方の街イェヴァーのイェヴァー醸造所で作られていて、日本では苦味の強いビールの代名詞として知られています。
爽やかな喉越しでゴクゴク飲めると評判で、ドイツ北部を代表する銘柄として広く知られています。ビールが好きな方であれば、クセになる味ですよ。

参考価格:約390円(330ml瓶)

ビールってこんなに美味しかったんだ!という程、苦味と香りがすばらしく嫌な後味がしません。ビールがお好きな方にも、ビール嫌いな方にもおすすめします。
出典 「まとめ買いでお買い得イェヴァー ピルスナー 330ml×6本」購入者さんのレビュー・口コミ-楽天市場より

3. ビットブルガー・プレミアムピルス

Photo credit: Börkur Sigurbjörnsson via flickr cc

1817年創業のビットブルガー社のビールで、水や麦芽、ホップなどすべてにおいて最高級の素材を使用して作られています。濃い黄金色に輝くビールで、飲んでしまうのがもったいないほどの美しさです。かすかに入っている黒胡椒のスパイシーな香りアクセントになっています。

参考価格:約410円(330ml瓶)

ドイツに旅行に行ったときに飲んだビールでした。美味しかったです。
出典 「自分用に」ビットブルガー プレミアム ピルス 4.8度 330ml[ギフト 退職 女性 お返し お礼 ビール 世界 海外 ドイツ 地ビール 酒 内祝い 洋酒 のし 熨斗 両親 還暦 敬老の日 結婚 お祝い 祝い酒 米寿 古希 卒寿 手土産 挨拶 誕生日 彼氏]_あす楽購入者さんのレビュー・口コミ-楽天市場より

4. シュパーテン・ミュンヘナーヘル

Photo credit: Peter Anderson via flickr cc

600年以上の長い歴史を誇る老舗のドイツビール醸造所、シュパーテンが作っているビールです。決めの細かい真っ白な泡、ホップの香りがしっかりとしていて、口にすると麦の味をしっかりと感じることができます。苦味が抑えめで、とても飲みやすい印象です。

参考価格:約550円(355ml瓶)

ピリッとした強い刺激を受けると同時に、酸味と苦みがしてドライ感を感じさせ、そしてそのすぐ後に麦芽の甘みが押し寄せてくる。
出典 「シュパーデン・ミュンヘナーヘル」高知ポタリング・ビール日記-yaplog!より

5. エルディンガー・ドュンケル

Photo credit: Roland Tanglao via flickr cc

1935年創業、バイエルン地方を代表するビール醸造所であるエディンガーのビールです。ドゥンケルはドイツ語で「暗い」という意味で、その名の通り、クリーミーな味わいが魅力的な黒ビールです。
味は苦味が少なく、チョコレートのような甘みと小麦粉のほのかな酸味が口の中に広がります。

参考価格:約600円(500ml瓶)

日本のビールにない味の良さを、おおいに楽しむことが出来ました。
出典 「Very good taste !!」[ドイツビール]エルディンガー ヴァイスビア デュンケル 500ml 瓶×12本のカスタマーレビュー-Amazonより

6. パウラナー・ヘーフェ・ヴァイス

Photo credit: Juanma via flickr cc

へーフェ・ヴァイスとは、大麦のほかにも濾過していない小麦粉を50%ほど使って作られたビールで、軽い口当たりとフルーティな香りが特徴的です。
こちらはドイツのなかで、もっとも有名なへーフェ・ヴァイスビアです。柑橘系のさっぱりとした甘い香りがするので、女性にも飲みやすいビールです。へーフェ・ヴァイス初心者の方におすすめです! 

参考価格:約330円(330ml瓶)

白濁しているのは生きたビール酵母の証ですが、体に良いのはもちろん、体臭を防ぐ効果もあります。味は辛いビールをばかり飲んでいる人には少し物足りないかもしれませんが、深い味で、ドイツで飲んだビールそのものの味がします。
出典 「本場ドイツミュンヘンの味です」ヘーフェ ヴァイスビール 330ml×24本のカスタマーレビュー-Amazonより

7. フランツィスカーナー・ヴァイスビア・クリスタル

Photo credit: Diego y tal via flickr cc

大麦のほかに小麦粉を50%加え、上面発酵して酵母を濾過させる方法で作られたクリスタルタイプと呼ばれるビールです。炭酸が強めでさっぱりしているので、辛口が好きな方におすすめです。きめ細かい柔らかな泡が特徴です。

参考価格:約520円(500ml瓶)

透き通ったクリアな小麦感で炭酸ガスは強め、見た目からも想像できる様にとてもすっきりしています。
ホップからはもちろん、酵母からの苦味もないので苦味が苦手という方にはお勧め、お料理も選ばず、夏によく似合いそうなビールです。
出典 「世界のビール フランツィスカーナー「ヴァイスビア クリスタル」」World Beer-ビール・地ビール・世界のビール -ビールの飲み比べ・勝手に評価--FC2ブログより

8. ヴェルテンブルガー・ヴァイスビア・ドゥンケル

Photo credit: Ippei Suzuki via flickr cc

こちらのビールは、ドイツでもっとも古い修道院付属醸造所ヴェルテンブルガーで作られています。果実の爽やかな香りと、カラメルのようなほのかに残る甘みはクセになること間違いなし。さっぱりとした口当たりで、飲みやすさは抜群です。

参考価格:約750円(500ml瓶)

現存する修道院醸造所最古のブランド、アルコール度数5.3%のデュンケルヴァイツェンです。
注いでみると、泡立ちよく色は暗い銅色、口に含むと、フルーティーな酸味、カラメルの様な風味が感じられ、苦味がないのが特徴的です。
出典 「世界のビール ヴェルテンブルガー「ヴァイスビア・ドゥンケル」」World Beer-ビール・地ビール・世界のビール-ビールの飲み比べ・勝手に評価-ーFC2ブログより

9. ヴェルテンブルガー・バロック・ドュンケル

Photo credit: Matthew Black via flickr cc

香ばしい麦芽の風味が特徴的で、口に入れた瞬間ビターチョコレートのような甘みが広がります。2004年にはアメリカで開催された「ワールド・ビア・カップ」で金賞を受賞し、世界中から高い評価を得ています。10〜12度の少し高めの温度で飲むと、コクやまろやかさをより一層楽しめます。

参考価格:約700円(500ml瓶)

私が個人的に好きな黒のラガー・ビールです。
通常の日本のビールが爽快ですが、軽すぎると思うときに時おりゆっくりと飲みたいビールです。
ビールはそれほど飲みませんが、お気に入りです。
出典 「【ドイツビール】ヴェルテンブルガー・バロック・ドゥンケル500mLびん 6本入り(DBS-18)【送料無料】【自宅用】」cowboy0617さんのレビュー・口コミ-楽天市場より

10. シュレンケラー・ラオホビール・ドゥンケル

Photo credit: George Groutas via flickr cc

ラオホとは麦芽を燻製して醸造したビールで、フタを開けるとスモーキーな香りがふわりと広がります。苦味と胡椒のようなスパイシーさは少々クセがあるように感じられますが、一度ハマるとその奥深い味わいから抜けだせません。

参考価格:約750円(500ml瓶)

少し癖があるかもしれませんが、その癖が良いのです。
一口ごとに燻製の香りが口の中に最後に残るのです。
味を占めたら止められない感じです。
出典 「ラオホビール」ドイツビール シュレンケルラ ラオホ(燻製)ビール メルツェン(ドゥンケル) 500ml瓶[賞味期限2016年7月15日][ビール][ビア][BEER] 購入者さんのレビュー・口コミ-楽天市場より

11. ドム・ケルシュ

Photo credit: Ken Hawkins via flickr cc

ドイツ南部に位置するケルンで生まれ、約500年以上に愛され続けているビールです。ボトルには消化を助ける効果のある酵母が取り出されないまま一緒に入っているため、食事のときに飲まれることも多いです。
ケルンでビールを注文すると、当然のようにドム・ケルシュが出されるほど地域に根付いています。

参考価格:約410円(330ml瓶)

ヨーロッパ産特有の穀物臭がします。緩やかなテイストで、キレはあまりなく、仄かな甘みがあり、日本のビールのようなキリッとした感じではありませんね。もっとゆったりとした、おおらかなノリが感じられます。
出典 「Dom Kolsch(ドム ケルシュ)」食べモノズキーlivedoor Blogより

12. アンデックス・ドッペルボック・デュンケル

Photo credit: Bernt Rostad via flickr cc

ベネディクト派のアンデックス修道院で作られている、味が濃いことが特徴のボックスタイルのビールです。ヘーゼルナッツのような香ばしさ、りんごのようなフルーティな香り、爽快なのどごし、とてもバランスが良い味です。
有名な小説家森鴎外もドイツ留学中にこのビールを味わったと言われています。

参考価格:約680円(500ml瓶)

香りがレーズンみたい!
あまーいーー
そして味もレーズンのようなプラムのような
でも麦の味があって濃厚でおいしい
フルボディのビールですな!
出典 「アンデックス ドッペルボックデュンケル」こばやしのビールと音楽のぶろぐ-Amebaブログより

13. ヴェルテンブルガー・アッサム・ボック

Photo credit: Bernt Rostad via flickr cc

「ヴェルテンブルガー・ヴァイスビア・ドゥンケル」と同じ最古の修道院付属醸造所であるヴェルテンブルガーで作られているボックススタイルのビールです。
商品名についている「アッサム」は、修道院を建設したアッサム兄弟に感謝の気持ちを込めてつけられました。プルーンのような甘い香り、麦芽の匂いが混ざり合ってなんともいえない素晴らしい風味を生み出しています。

参考価格:約750円(500ml瓶)

赤味の入った茶褐色のビールで苦そうな外見ですが、
しっかりとした甘さを感じます。
どっしりとしていてボリュームのある味わいなので、
真夏に爽やか!というわけには行きませんが、
少し涼しい時、じっくり味わって飲むには最高です。
出典 「【ドイツビール】ヴェルテンブルガー・アッサム・ボック 500mLびん 20本入り(DB-11)【送料無料】」購入者さんのレビュー・口コミ-楽天市場より

14. ディーベルス・プレミアム・アルトビール

アルトビールとは、ローストした麦を上面発酵させ、さらに低温で熟成させる古い方法で作られたビールのことです。こちらはアルトビールを代表する銘柄で、日本でも人気があります。
麦の味がとても濃く、口いっぱいに香ばしさが広がります。甘みはあまりなく、スッキリしているのでごくごく飲めるタイプのビールです。

参考価格:約320円(330ml瓶)

明るい香り。軽く華やかな香りが鼻に抜け、キリッとした苦さもある。
ライトな感じで癖も少なく飲みやすかったよ。
出典 「ディーベルス プレミアムアルトビール ドイツ」妻と子供達とビールな男-Amebaブログより

15. ハンネン・アルト

Photo credit: By DirkVE (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

コクのあるビターチョコレートのような風味で、後味がまろやかです。濃厚な味が口に残るので、しっかりとした飲みごたえを感じることができます。肉料理との相性も良いので、隠し味として入れてみてもいいですね。食後酒としてもおすすめです。

参考価格:約410円(330ml瓶)

おいしいビールです。ガブガブ呑んで酔っ払うというより上手いつまみとともにチビチビ味わうビールです。
出典 「ドイツビールを安く」【ドイツビール】【1ケース(330ml×24本)】ハンネン・アルト[4.8%・ビン]【1本当り352円(税別)】【世界】【海外】こんちゃんゴーゴーさんのレビュー・口コミ-楽天市場より

16. ケストリッツァー・シュヴァルツビア

Photo credit: Sam Cavenagh via flickr cc

著名な小説家ゲーテがこよなく愛したことで有名な黒ビールです。極上品のホップを使用しているので、口当たりのよいまろやかな苦味とクリーミーな泡が出来上がります。さっぱりとしているので、日本の黒ビールに少し似ています。フタを開けた瞬間に、甘い香りが広がります。

参考価格:約450円(330ml瓶)

瓶のクラシカルな雰囲気、黒ビールですが、強すぎず飲みやすいです。
出典 「リピートです」ケストリッツァー シュヴァルツビア 330ml 4.8%購入者さんのレビュー・口コミ-楽天市場より

17. エルディンガー・ヴァイスビアチャンプ

Photo credit: Felipe Gavronski via flickr cc

ヴァイスビアチャンプは夏にかかせない! と言われているほど、暑い日にぴったりなビールです。アルコール度数も低めなので飲みやくすく、ドイツ全土で人気があります。
若い世代の人々に向けたビールとして開発されていますが、ホップのやさしい香りは年齢を問わず美味しく飲めます。

参考価格:約440円(330ml瓶)

ヴァイスビアらしいバナナのフレーバーは柔らかくライトな味わい。
ヴァイスビアの特徴はしっかりと現れていますが、ピルスナーのようなキレのある喉ごしもあります。
ゴクゴク飲めるヴァイスビアで、夏に飲みたい一本でした。
出典 「Erdinger Champ エルディンガー ドイツ 【ビール】」Xeno’s Blog-BIGLOBEウェブリブログより

18. アンデックス・ヴァイツ・ヘル

Photo credit: Steven A. Cholewiak via flickr cc

ビールのなかにそのまま酵母が残されているため、少し濁った金色をしているビールです。フルーティーな瑞々しい甘い香りと炭酸が混ざり合い、極上の味を楽しめます。コクもあるので、飲みごたえもしっかりしています。どんな料理にも合いますよ!

参考価格:約580円(500ml瓶)

小麦ビールらしい白く濁った見た目です。
フルーティで爽やかな飲み口ですね。
出典 「アンデックス・ヴァイスヘル(ドイツ)」何か食べたり食べなかったり-Amebaブログより

19. パウラナー・オクトーバーフェストビア

Photo credit: Bernt Rostad via flickr cc

有名醸造所であるパウラナーがオクトーバーフェストのためだけに、丹精込めて作ったビールです。モルトのほのかな甘みが口に残り、旨味を感じることができます。しっかりとした飲み口であるにもかかわらず、飽きがこないのでいくらでも飲めます。アルコール度数は少々高めです。

参考価格:約650円(500ml瓶)

一見スムースな感じもありますが、すぐにメルツェンらしい、モルト由来の深いコクや旨みと、心地よい苦味を感じる事が出来ます。こちらもとてもオクトーバービールらしいすばらしい出来のビールに仕上がっています。
出典 「フェストビール入荷 オフィシャル編」掛井酒店-yaplog!より

20. エルディンガー・オクトーバーフェストビア

10月に行われるビールの祭典のためだけに、老舗であるエディンガーが特別に作りました。味はスパイシー感が強く、色も濃い目の白ビールです。アルコール度数も高めなので、お祭りをハイテンションで楽しむのにぴったりです。
オクトーバーフェストを訪れた際には、かならず飲みたい一杯です。

参考価格:約660円(500ml瓶)

グラスに注いで見るとやや白みがかった黄金色と、無濾過らしくうっすらと酵母の濁りが。
味わってみるとモルトの旨味や甘味が際立ち、軽い苦味と酸味が引き締めるといった感じですね。
ホップの苦味はほとんど無いので、苦味が苦手な人にも味わって飲んでもらえると思います。
ラガービールなどとは違い、ビールそのものの味を十分に堪能したい1本ですね。
出典 「エルディンガー オクトーバーフェスト ビア」酒精ブログ-Seesaaブログ

おわりに

ドイツビールの有名銘柄や種類、発酵方法についてご紹介しました。ビールによっていろいろな特徴があり、ドイツを訪れた際には思う存分飲んでみたいですね! それぞれのビールの歴史のことを深く知れば、もっともっと美味しく味わえます。
旅行で訪れた際はぜひ、ドイツビールを片手に楽しい時間を過ごしてくださいね!

ライター:Ayaka Komiyama
Photo by: Rina Kobayashi「20代女子 初めての一人旅♡ロマンティック街道編」

関連旅行記

*Takafumi Sato「ドルトムントとオクトーバーフェストの旅」
*旅作家とまこ「この街の自由はホンモノ。ぜひ感じに行って」
*Jun「ドイツ フランクフルトからミュンヘンへ」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP