体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビール王国ドイツ!有名銘柄20選と酵母・醸造の豆知識

Photo credit: Rina Kobayashi「20代女子 初めての一人旅♡ロマンティック街道編」

Photo credit: Rina Kobayashi「20代女子 初めての一人旅♡ロマンティック街道編」

こんにちは! TRiPORTライターのkomiです。
ビール王国といえば、やっぱりドイツ! 伝統と歴史がたっぷり詰まったドイツビールは、種類も味もたくさんあってどれを飲んでみようかな? なんて、わくわくしてしまいますよね。どのラベルもお洒落で、眺めているだけでとっても楽しい気持ちになれます。
今回は知っているとちょっとカッコイイ豆知識と、ドイツビールのおすすめ有名銘柄20種類をご紹介します。

発酵方法の違い・特徴について

■上面発酵ビール

20度前後の高温で発酵させたビールです。発酵している間に酵母が浮き上がってくるため、この名前で呼ばれるようになりました。
ベルリン周辺で醸造される「ベルリーナー・ヴァイセ(Berliner Weiße)」、バイエルン地方発祥の「ヴァイスビア(Weißbier)」、ケルン周辺でしか飲むことができない「ケルシュ(Kölsch)」などが上面発酵ビールの代表的な銘柄です。

■下面発酵ビール

5度前後の低温で発酵させたビールです。発酵の終わり頃に、酵母が下に沈んでいくのが特徴です。日本でもよく耳にする「ラガー(Lager)」は、下面発酵ビールの総称です。
ドイツのどこにいても飲めるほど親しまれている「ピルスナー(Pilsner)」やドイツ南部のミュンヘンで主に飲まれている「ヘレス(Helles)」、ミュンヘン生まれの黒ビール「シュヴァルツ(Schwarz)」が代表的です。

1. ベックス

Photo credit: Lagomorpha via flickr cc

Photo credit: Lagomorpha via flickr cc

世界で一番飲まれているドイツのピルスナービールです。爽やかな苦味があり炭酸が強いピルスナーの特徴がはっきりと出ていて、味のバランスが抜群です。クセがないので、ドイツビール初心者の方にぴったりです。発祥地であるブレーメンの紋章がラベルになっています。

参考価格:約310円(275ml瓶)

少し泡立ちが鈍い感じ?黄金色です。飲んでみます。かなりホップが効いてて、爽やかな苦味が続きます。甘味はなく、雑味の無いクリアな味わい。軽すぎない喉越しもいいんじゃないでしょうか。
出典 「ベックスビール(ドイツ)缶 330m」ベックスビール(ドイツ)缶 330m(BEERSくめ)あるびの精肉店さんのレビュー・口コミー楽天市場より

2. イェヴァー・ピルスナー

Photo credit: Thierry H. via flickr cc

Photo credit: Thierry H. via flickr cc

ドイツ北部、フリースラント地方の街イェヴァーのイェヴァー醸造所で作られていて、日本では苦味の強いビールの代名詞として知られています。
爽やかな喉越しでゴクゴク飲めると評判で、ドイツ北部を代表する銘柄として広く知られています。ビールが好きな方であれば、クセになる味ですよ。

参考価格:約390円(330ml瓶)

ビールってこんなに美味しかったんだ!という程、苦味と香りがすばらしく嫌な後味がしません。ビールがお好きな方にも、ビール嫌いな方にもおすすめします。
出典 「まとめ買いでお買い得イェヴァー ピルスナー 330ml×6本」購入者さんのレビュー・口コミ-楽天市場より

3. ビットブルガー・プレミアムピルス

Photo credit: Börkur Sigurbjörnsson via flickr cc
1 2 3 4 5 6次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会