ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

植松晃士氏 いつの間にか不潔になる大人に清潔感の重要性説く

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世の中のオバさんたちに健康かつ美しく生きていくために、ファッションプロデューサーの植松晃士さんがアドバイス。今回は、大人の「清涼感」について語ります。

 * * *
 皆さま、ご機嫌よう! 昨年はテニスの錦織圭選手の大躍進やラグビー日本代表の歴史的大勝利などで、スポーツ観戦に目覚めたかたも多いかと思います。特にフィギュアスケートの羽生結弦選手人気はすごいですねぇ。

 羽生選手の演技は美しくて華があり、何といっても彼の立ち居振る舞いすべてに、清潔感があります。清潔感。大人世代にこれほど心に響く言葉があるでしょうか。今回はそのことについて、考えてみたいと思います。

 残念なことに、私たちの体は加齢と共に衰えて、シミやたるみ、しわを日々、大量生産しています。つまり、存在自体が清潔感から徐々に遠ざかっているわけです。そして心は、といえば、人間関係や社会のしがらみなど、醜いものを目にしたり、できればしたくない経験を積み重ねて、いつの間にかスレていく(=不潔になっていく)のは世の常。

 私たちが清潔感の固まりのような存在に惹かれるのは、ちゃんとした裏付けがあってのことなのです。平成の“清潔男子”の系譜は、ハンカチ王子こと野球の斎藤佑樹投手やゴルフの石川遼選手にはじまって、俳優の東出昌大さんや錦織選手、そして羽生選手人気へとつながっています。

 彼らに共通しているのは、折り目正しく言葉遣いがきれいで、佇まいに透明感があること。つまり、日々、清潔感を失いつつある私たちが、清らかなものを無意識に追い求める気持ちが、彼らの人気を支えているというわけです。

 清潔の反対は不潔。朝、目覚めると同時に目に入ってくるのは、かなりくたびれたご主人様。「枕がにおうわ~」と思ったとたん、清涼な空気を胸いっぱい吸い込みたくなるように、清潔な存在を求めても何の不思議もございません。

 ご主人様のことばかりはいえませんよ。おしゃべりに集う仲間と、だれかれの噂話で大いに盛り上がった後は、清涼感たっぷりの若い殿方を見てお口直しをしたくなりませんか?

 そこで1つ、提案があります。羽生選手を応援しながら、あなた自身も清潔感をキープする(もしくは取り戻す)ことに意欲を燃やしてはいかがでしょうか?

 そして「お若いのに、言葉遣いがきれいね」と感心する気持ちがあるならば、あなた自身の立ち居振る舞い、言葉遣いが美しいかどうか、振り返ってみてはどうでしょう。以前も申し上げましたが、昨今の若い世代だけでなく、大人世代のかたがたの“言葉の乱れ”といったら、本当に憂うべき事態です。

 先日も、ある和食屋さんのカウンターで偶然、隣り合わせた妙齢のご婦人が、「魚ってきらい。生臭いもの」と大きな声で言い放ったのです。

 思わずひっくり返りそうになりました。ほんの少しでも場をわきまえていたら、そんな発言はできるはずがありません。これからお魚を口にしようとしている人がいる場で「生臭い」とは何事ですか!

 そういえば汚い言葉遣いをするかたに限って、声が大きいんですよね。ランチタイムに大音量の話し声、笑い声、お話の内容に驚いて、振り返ったことが何度あったことか。

「人の振り見て我が振り直せ」とはよくいわれることですが、今年はこの言葉を胸に刻み、よき大人として若いかたのお手本になるよう、過ごしたいと思っています。

 オバさん、万歳!

※女性セブン2016年2月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
羽生結弦の中国でのあだ名は「二郎」 ラーメンとは関係ない
羽生結弦 恋人との噂ある今井遥との共演にファンヤキモキ
羽生結弦が2人の女子選手と恋仲の噂 お揃いクッション愛用

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP