ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

原因は痩せすぎ、ストレス、偏食…? 女性ホルモンの乱れは生理にどう影響するの?

  • ガジェット通信を≫

あなたのホルモンバランスは大丈夫?

毎月きちんと生理がくるかどうかは、女性ホルモンの分泌が大きく関係しています。生理不順や重い生理痛は、ストレスや不規則な生活習慣が原因で女性ホルモンのバランスが乱れている可能性があります。

女性ホルモンにはエストロゲンプロゲステロンの2種類があります。これらは卵巣から分泌されますが、その指令を出しているのが、実はなのです。そのため、卵巣の機能が低下していたり、脳から女性ホルモンの分泌の司令がされなかったりすると、女性ホルモンは少なくなってしまいます。

今回は、女性ホルモンのバランスが崩れてしまう原因や生理不順について医師に話を聞いてみました。

一般的な生理周期をチェック!

月経周期には個人差がありますが、一般的には25日~38日が正常といわれています。それ以上、もしくはそれより短い場合は、以下のように呼ばれています。

・月経周期が39日以上:稀発月経

・月経周期が24日以内:頻発月経

・月経周期が一定しないこと:不整周期月経

また、一回の月経期間3~7日間が正常です。月経が8日以上続く場合を過長月経、2日以内で終わる場合を過短月経といいます。

まずは自分の生理周期や月経期間が正常かどうかをチェックしましょう。

女性ホルモンが分泌されない理由は?

生理周期が正常でない場合、女性ホルモンのバランスが乱れている可能性があります。きちんと分泌されない原因はさまざまですが、主に生活習慣に密接にかかわりがあるといわれています。

例えば急激なダイエットにより痩せてしまったり、精神的・体力的なストレスがかかってしまったり、偏った食事をしてしまったりすると、女性ホルモンの分泌が乱れてしまいます。そのほか子宮や甲状腺の病気がある場合も、女性ホルモンが上手に分泌されなくなります。

また、このような女性ホルモン分泌の乱れによって、デリケートゾーンにかゆみがでたり、赤くなってしまうこともあります。

医師からのアドバイス

生理やデリケートゾーンの悩みは、なかなか人には言えないものですよね。これらのトラブルを未然に予防するためには、普段の生活の中で、女性ホルモンの乱れが起きないような生活を心がけることが第一です。一人で悩まずに、産婦人科医の診察を受けて、適切な治療を行うようにしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

摩擦や圧迫に要注意! デリケートゾーンの黒ずみとニオイの予防対策!
女性は知っておきたい! 婦人系の病気別のニオイの特徴について
デリケートゾーンの乾燥がさまざまなトラブルを招く? 正しいケア方法を教えて!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP