ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鮮やかに、艶やかに、夏を彩る東北の祭り7選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東北6県は震災から立ち直るために力を合わせようと祭りの交流をしています。六魂祭といって、毎年各県まわり持ちで、本番の夏を迎える前に、一堂に会して祭りを披露しています。

それぞれの地域に、かけがえのない伝承の祭りがあるのは幸せなことですね。東北の短い夏を彩る6県それぞれの祭りを御紹介しましょう。

 

秋田竿灯まつり

photo by Yasuhiro_S

8月の初めに秋田で行われる竿燈まつりは、江戸時代に病魔や邪気を祓う行事として始まりました。長い竹竿を縦横に組み合わせ、46個の提灯を飾ったものをバランスを保ちながら額や肩で支える技を披露します。

竿燈大通りで行われる、灯りをつけた本番を夜竿燈、昼間にエリアなかいちにぎわい広場で行われる竿燈妙技会を昼竿燈といいます。
■詳細情報
・名称:秋田竿灯まつり
・住所:秋田県秋田市山王一丁目1-1(実行委員会事務局)
・アクセス:秋田駅から徒歩10分
・電話番号:018-866-2112
・料金:観覧席は有料ですが、無料で見ることができます。
・オススメの時期:8月3日~8月6日
・公式サイトURL:http://www.kantou.gr.jp/about/index.htm

 

仙台七夕まつり

photo by sendaiblog

photo by sendaiblog

仙台七夕まつりは伊達氏が仙台に藩を置いた頃から続いている伝統行事です。旧暦7月7日に行われていましたが、新暦に変わってからは、季節感を合わせるために1か月遅れの8月6日から8日まで行われています。

仙台の駅前からアーケード街にかけて豪華な七夕飾りが競うようにかけられ、周辺の商店街でも笹飾りが七夕気分を盛り上げます。
■詳細情報
・名称:仙台七夕まつり
・住所:宮城県仙台市青葉区本町2-16-12 (仙台七夕まつり協賛会)
・アクセス:仙台駅から徒歩2,3分
・電話番号:022-265-8185
・料金:無料
・オススメの時期:8月6日~8日
・公式サイトURL:http://www.sendaitanabata.com/about

 

青森ねぶた祭り

photo by 柏翰 / ポーハン / POHAN

photo by 663highland

灯りをともした巨大なねぶたと周りを跳ね踊るハネトの「ラッセラー!」の掛け声が東北の短い夏を盛り上げます。8月初めから8日まで行われるねぶた祭りが終われば青森は秋の気配が感じられるようになります。
■詳細情報
・名称:青森ねぶた
・住所:青森市柳川1-4-1 青森港旅客船ターミナルビル2F(青森ねぶた祭り実行委員会)
・アクセス:青森駅から徒歩10分・電話番号:017-723-7211
・料金:無料
・オススメの時期:8月2日~7日(日にちによって回る区域が異なります)
・公式サイトURL:http://www.nebuta.or.jp/

 

山形花笠まつり

photo by f_a_r_e_w_e_l_l

photo by f_a_r_e_w_e_l_l

8月初旬の山形市は「ヤッショ、マカショ!」の掛け声で賑わいます。紅花をあしらった笠を手に持った踊り手が、花笠太鼓のリズムに合わせて群れ踊ります。
■詳細情報
・名称:山形花笠まつり
・住所:山形市七日町3-1-9 山形商工会議所 (山形花笠競技会事務局)
・アクセス:山形駅から徒歩5分
・電話番号:023-642-8753
・料金:無料
・オススメの時期:8月5日~7日
・公式サイトURL:http://www.mountain-j.com/hanagasa/

 

盛岡さんさ踊り

photo by yisris

photo by norie1381

7月末日から8月4日まで「サッコラチョイワヤッセ」という独特の掛け声とともに踊られるさんさ踊りは岩手県盛岡を代表する祭りです。和太鼓を演奏しながらの群舞は、ギネスに「和太鼓同時演奏の世界記録」として認定されました。
■詳細情報
・名称:盛岡さんさ踊り
・住所:岩手県盛岡市清水町14-12(盛岡さんさ踊り実行委員会)
・アクセス:盛岡駅から徒歩15分
・電話番号:019-624-5880
・料金:無料
・オススメの時期:8月1日~4日
・公式サイトURL:http://www.sansaodori.jp/info/

 

福島わらじまつり

photo by yisris

福島では、7月31日と8月1日の2日間わらじ祭りが行われます。健脚や旅の安全を願って足尾神社に大わらじを奉納したことが起源のわらじ祭りは、現代では無病息災・五穀豊穣・家内安全・商売繁盛への思いもになっています。

長さ12m、重さ2tもある大わらじが練り歩き、レゲエ調の平成わらじ音頭に合わせた群舞に続き、ヒップホップ調のダンシングそーだナイトがフィナーレまで踊られます。
■詳細情報
・名称:わらじ祭り
・住所:JR福島駅近く
・開催日程:7月31日〜8月1日
・公式サイトURL:http://www.fmcnet.co.jp/waraji/

 

西馬音内盆踊り

photo by Yuki Yaginuma

photo by Yuki Yaginuma

700年前から秋田県羽後町に伝わる西馬音内盆踊りは亡き人を供養する盆の行事です。国の重要無形民俗文化財に指定されている芸術性の高い民俗芸能として知られています。

力強い囃子と歌声に対して、踊りはあくまでも優美にしなやかで、夢のような世界を繰り広げます。衣装も独特で、端切れを縫い合わせた端縫いの着物や藍染めの衣装に、編み笠や彦三頭巾で顔を隠した踊り手は見る人を魅してやみません。
■詳細情報
・名称:西馬音内盆踊り
・住所:羽後町 西馬音内
・開催日程:8月16日〜18日
・公式サイトURL:http://ugo.main.jp/index.html

 

まとめ

祭りとは鎮魂であり、祈りであり、癒しであることが、大きな悲しみを受けた人々を元気づけているのを見るとわかるような気がします。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP