ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ローマから日帰りOK!世界一美しい丘の上の都市「オルヴィエート」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イタリアの定番観光といえば、ベネチア、ローマ、ミラノ、どれも見所たくさんの美しい都市ですが、そんな観光定番ルートを離れて、自由に訪れてみたい町ってありますよね。

テレビでもよく、“○○の美しい村” なんて特集があって、行ってみたくなりますが、そういうところって、観光定番ルートに入らないのは、行きにくいというのも理由のひとつ。自力で行こうにも公共交通機関が充実しておらず、レンタカーでもなければ行けないなんてことが多いものなのです。しかし、探せばあります。電車やバスで簡単に行けて、観光定番ルートにはない美しい町。

今回はそのうちのひとつ、ローマから電車1本、約1時間で行ける、世界一美しい丘上都市といわれる「オルヴィエート」を紹介いたします。

世界一美しい丘の上の都市「オルヴィエート」

オルヴィエートはローマの北、イタリアのほぼ中央、ウンブリア州にあります。その起源はとても古く、紀元前古代エトルリア時代とされています。切り立った凝灰岩の丘の上にあり、この絶壁が自然の要塞の役割を果たし、町を守っていました。

中世には教皇庁とのつながりも深く、発展した町は、その当時の美しい町並みを残しています。

中でも素晴らしいのがオルヴィエート大聖堂。イタリアのゴシック建築の中でも最も重要な建築のひとつです。美しく輝くモザイクに、素晴らしい浮き彫りを施した飾りの付け柱。細やかな細工が全面に施されたファサードは圧巻の美しさです。

中世の面影を残す町を散策するのも楽しみ。

雰囲気のある裏路地に、

かわいらしいショップも多くあります。

町を歩くごとに現れる魅力的な建物に、楽しくお散歩は続くでしょう。

次の写真の教会の奥に見えるモローの塔には上ることも出来ます。

塔から眺める町の景色。先述した大聖堂の大きさがよくわかります。塔からは町の下に広がるウンブリアの美しい緑の大地も望むことができます。

町歩き以外にも、町のしたにある古代洞窟のツアーや、法王の命によって作られた深さ62mもあるサン・パトリツィオの井戸など、他にはない珍しい見所もあって色々と楽しめます。

町の特産の白ワイン、いのししのサラミ、鳩などのジビエ料理、ピチという名の太麺パスタなど美味しいものもたくさんありますすよ。

オルヴィエートへの行き方

オルヴィエートへは、ローマから電車1本で行けます。「Roma Termini」駅から、普通列車またはIntercity(快速電車)に乗って、1時間ちょっと、「Orviet」駅下車。駅を降りたらすぐに、丘の上に上るケーブルカーがありますので、それに乗って町へ上がって到着です。電車の時刻はイタリア国鉄のHPから調べることができます。

ローマから十分日帰り観光可能な距離で、1日見て回る見所も十分です。夜は暖かな光でライトアップされて、またいい雰囲気なので、そちらも含めてゆっくり楽しみたい方は泊まってみるのもいいですね。さらに、オルヴィエートからは、絶景の町「チヴィタ・ディ・バーニョレージョ」行きのバスも出ていますので、ここを拠点にして、そちらへもぜひ足を伸ばしてみてください。

[Photos by Ryoko Fujihara & Shutterstock.com]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP