ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NuAns ZERO、ついに出荷開始。伊勢丹、ロフトでも取り扱い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NuAns ZERO、ついに出荷開始。伊勢丹、ロフトでも取り扱い昨年11月30日、その全容が明らかとなった、トリニティ株式会社のSIMフリースマホ「NuAns ZERO」が1月31日より出荷を開始しました。
「1月に販売予定」と発表会にアナウンスされたましたが、発売日に関する続報がなかったため予約していたユーザたちは「1月の販売は危ういのでは?」と半ば諦めの気持ちもあったと思います。しかし、トリニティの代表取締役社長である星川哲視氏は、自社ブログで苦しい胸の内と、なんとか1月中に出荷できて良かったという安堵の気持ちを露わにしていました。

NuAns ZERO、ついに出荷開始。伊勢丹、ロフトでも取り扱い

発売前から大きな話題を集めていたNuAns ZEROは、OSにWindows 10 Mobileを採用し、CPUにはクアルコム社のスナップドラゴン617を搭載。Windows 10で初登場となったContinuum(コンティニュアム)機能に正式対応しています。これはNuAns ZEROとモニターやキーボード、マウスなどを直接接続してデスクトップPCのように利用できる機能となっています。

従来、スマホとテレビ、モニターなどを接続するといっても、スマホの画面を大きな画面で映し出すというだけのものでした。しかし、このコンティニュアムはそうした映し出すだけの機能とは一線を画し、スマホをPCとして使うことができるというもの。

主なスペックは以下のとおりです。

OS Windows 10 Mobile
 CPU オクタコア(1.5GHz) 
ROM/RAM   2GB / 16GB
外部ストレージ  microSDXC (最大128GB) 
 サイズ 約141×74.2×11.3(mm) 
重量  約150g
ディスプレイ   5.0インチ(1280×720 / 295ppi)
バッテリー容量  3,350mAh 
カメラ メインカメラ:1,300万画素
 インカメラ:500万画素
SIMサイズ micro SIM
対応バンド   3G:Band 1/6/8/9/19
LTE:1/3/8/19/28
Wi-Fi   IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
 その他  USB Type-C

 スペックシートをみるとミドルレンジ相当に分類され、日常使いにおいては不便を感じるようなものではありません。前述したコンティニュアム機能を使って操作してもスムーズに動作するのではないでしょうか。電池容量も同サイズのSIMフリースマホと比較しても大容量となっています。折角の機能も電池が持たなければ宝の持ち腐れとなってしまいますが、これだけの容量を備えていれば一先ず安心できることと思います。

自分らしさを演出できるオシャレなSIMフリースマホ
NuAns ZERO、ついに出荷開始。伊勢丹、ロフトでも取り扱い
このNuAns ZEROが大きな話題を呼んだのはOSにWindows 10 Mobileを採用したことだけでなく、背面のバックパネルを自分好みに組み合わせることができるという点にあります。これまでスマホのオシャレを楽しもうとするのなら、市販の背面カバーの中から自分好みのものを選んで楽しむというものでした。しかし、本製品では上下のパーツを組み合わせる「TWOTONE」と、手帳スタイルのケース「FLIP」の2種、計64パターンから選択できるというもの。質感にもこだわっており、これまで「オシャレなスマホといえばiPhone」といった図式を一変させる可能性を持っています。

SIMフリースマホ販売といえば家電量販店が一般的。しかしNuAns ZEROは同製品のスマホセットの予約を行っているU-モバイルのU-NEXTショップを除き、現在のところ店舗での販売予定がありません。

2月1日時点で販売店は以下の通りです。

販売企業 取扱ショップ
アテックス株式会社 arenot 渋谷本店
arenot 名古屋ラシック店
arenot AP&TQ by arenot ラシック福岡展示店
so many years ブリーゼブリーゼ梅田店
三越伊勢丹ホールディングス 伊勢丹 新宿本店 本館5階パーソナルルーム
(2月17日から3月1日開催「花々祭」に出展)
株式会社バルス BALS TOKYO NAKAMEGURO
株式会社U-NEXT U-NEXTストア アリオ札幌
U-NEXTストア 南青山
U-NEXTストア 四条河原町
U-NEXTストア 自由が丘
株式会社ロフト 千里バンパクロフト
渋谷ロフト
梅田ロフト

老舗デパート「伊勢丹 新宿本店」を皮切りに、北欧家具・インテリアなどの販売を手掛ける「arenot」、From TOKYOに拘ったインテリアショップ「BALS TOKYO NAKAMEGURO AGITO」、ファッション・雑貨でお馴染みの「ロフト」といった、SIMフリースマホとは縁遠いショップでの取り扱い予定。なお、店頭での取扱開始時期については各ショップにて確認ください。

「新たなライフスタイルの中心となるのがNuAns ZERO」と、発表会で高らかに宣言していた星川氏の狙いは、これまでSIMフリースマホやMVNOといったものに縁のなかった人をどのようにして巻き込んでいくのか? 上々の船出となったNuAns ZEROのこれからに期待です。

(文:SIM通編集部)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。