ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

相撲協会理事選は八角派か貴乃花派か? 永田町真っ青の裏工作

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大相撲の2016年初場所は琴奨菊の初優勝で盛り上がったが、角界の話題は協会の役員候補選挙(理事選)へ移った。1月29日投開票の結果、現職の八角理事長(元横綱北勝海)や貴乃花親方(元横綱)ら10人が当選し、高島親方(元関脇高望山)が落選した。この理事選の票の奪い合いに関しては、土俵上以上の駆け引きが繰り広げられていた。

 理事選では原則、投票権を持つ親方が、所属する各一門で推薦された候補者に投票する。ただ票数が足りない場合は一門同士で協力することもあるし、取り決めを破って各自が好きな候補に入れることも可能だ。

「従来は投票の際、各一門を代表した立会人5人に『記入漏れを防ぐ』という名目で記述内容をチェックされながらの投票だったため“裏切り”はほぼ不可能でした。それが2010年に完全無記名、チェックなしとなったため、票の奪い合いが激しくなりました」(相撲ジャーナリスト)

 票集めに苦戦した九重親方(元横綱・千代の富士)が出馬を断念するなど、直前まで混乱したが、目立ったのは貴乃花派の動きだ。票の絶対数を増やすため、弟子を半ば強制的に引退させるケースも出た。

 例えば12日目(1月21日)には、出羽海一門の北の湖部屋にあった「小野川」株を、貴乃花一門・阿武松部屋の幕下・大道が引退して継承。『週刊ポスト』前号では「貴乃花親方を理事長に」という「北の湖遺言」を持ち出し、出羽海一門の山響親方(元前頭・巌雄。北の湖部屋を継承)が理事選に出馬したことをレポートしたが、彼に投票するための引退と見られる。貴乃花一門と山響親方の関係が裏付けられた形だ。

 そして怒濤の追い込みを見せたのが、形勢不利とされた伊勢ヶ濱一門の伊勢ヶ濱親方(元横綱・旭富士)だ。13日目(1月22日)に時津風部屋(時津風一門)の幕下・土佐豊が引退したが、襲名したのは伊勢ヶ濱部屋の前頭・安美錦が持つ「安治川」株。当然伊勢ヶ濱親方に投票するためだが、

「時津風親方は貴乃花一門の後援会パーティに出席するなど、貴乃花親方を応援している。今回の動きは伊勢ヶ濱親方を援助するかわりに、理事長として貴乃花親方を推すことが条件になったようだ。

 伊勢ヶ濱一門では高島親方(元関脇・高望山)が有利とされたが、彼は理事長選では八角親方(元横綱・北勝海)に1票を投じると見られる。貴乃花理事長誕生のため伊勢ヶ濱親方は不可欠。しかし土壇場で九重親方の不出馬が決まり、最後まで混乱が続いた」(同前)

 九重票(5票)で票読みに大きな狂いが生じたのは間違いないようだ。

 理事が決まると今後の焦点は理事長選に絞られる。理事長は3月28日の評議員会を経て、同日の理事会で理事の互選により決まる。

「八角派には二所ノ関一門の2人、時津風一門の1人がいる。伊勢ヶ濱の高島親方は八角、伊勢ヶ濱親方は貴乃花に入れる。問題は出羽海の票。理事選後に貴乃花一門へ移籍するとのがある山響は貴乃花に入れると見られ、他の理事が八角か貴乃花かで割れる可能性が高い。主流派の出羽海一門が割れる可能性まで出てきており、まだわからない。

 週刊誌や夕刊紙を使っての情報操作や、力士を引退させるなど、集票活動のなりふり構わないやり方には一部の親方から批判が出ている。しかし3月場所も再び票固めに走り回ることになるだろう」(古参親方)

 土俵の上も下も、しばらく荒れ模様となりそうだ。

※週刊ポスト2016年2月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
相撲協会 「次期・貴乃花理事長体制」に向かって形勢固まる
相撲協会理事長選 導入以来30年間無投票選出が続いていた
若手親方 理事選は「決まり破ってでも貴乃花」と公言も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP