ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

働きながら資格を取るには?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フルタイムで働いているから資格を取るのは無理、なんてあきらめていませんか?この記事ではわざわざどこかに通わなくても、毎日コツコツ、少しずつでも自習すれば取得可能な資格をご紹介します。取りたい資格を見つけたら、早速始めてみませんか?

働きながら取れる資格


調剤薬局事務

調剤薬局事務は薬剤師をサポートするための資格です。調剤薬局での事務全般やレセプトコンピュータ入力が主な業務になります。調剤薬局は常に全国でニーズのある仕事なので転職を考える人にはおすすめです。誰でも受験可能で年に6回試験があり、難易度もそれほど高くありません。

★医療事務

医療事務は病院等での受付・会計・カルテの管理等、医師・看護師と患者の間に立って事務作業を行うための資格です。免許や経験がなくても誰でも受験することができます。通信制での学習も可能で3ヶ月~半年くらいの勉強期間で取得することができます。

★介護事務

介護事務は介護報酬請求業務を行うための資格です。高齢化社会が進む中でますますニーズが高まる介護系の仕事。介護事務は介護事業を運営していくのに必須の職種です。誰でも受験することができ、年に6回試験を受ける機会があります。難易度もそれほど高くはありません。

★福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターは高齢者や障害を持つ人が安心・快適に暮らすことができるように、住環境についてアドバイスを行うための資格です。これからますますニーズが高まり、介護系だけではなく建築系でも求められる資格になります。

★調理師免許

調理師免許は、調理についての技術はもちろん、栄養バランスや食材の知識・食文化等も身につけることができる資格です。食事・料理に関わる仕事をしている人・したいと考えている人は持っていて損はない資格です。養成所に通って卒業して免許を取得する方法と、2年間の実務経験を経て受験する方法があります。

★簿記検定

簿記検定とは帳簿のつけ方や、そこに書いてある数字の意味を把握し、経理管理や経営分析の基礎知識があることを証明する資格です。事務職では欠かせない資格であり、活かせる場が数多くあります。誰でも受験することができ、1級から4級まであります。実用的に仕事に必要となるレベルは3級からで、3級でれあれば比較的難易度も低く、1ヶ月~3ヶ月の勉強期間で取得することができます。

働きながら勉強して取る資格


★宅地建物取引士

宅地建物取引士は、土地建物の売買等の取引に対して法が定める事務処理を公正かつ正確に行うための知識を習得する資格になります。不動産のエキスパートであり国家資格の中でも人気の高い資格です。不動産会社や営業系でニーズが高いです。

★ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーはお金に関するあらゆる知識を持ち、資産設計やコンサルティングを行うための資格です。銀行や証券会社だけでなく建築会社や不動産会社でも求められている資格です。お金に関するエキスパートになれる資格で、自分の資産運用にも役立てることができます。

★行政書士

行政書士は官公署へ提出する書類の手続きや書類作成を代理で行うことができる資格です。資格を持っていないと業務を行うことができない業務独占資格になります。国家資格であり、独立して個人で事務所を開業することもできます。

働きながらでも色々な資格を取得することは可能です

働きながら取ることができる資格はたくさんあります。今の仕事に活かすものや、将来的に就きたい仕事に活かせるもの等、自分にあった資格を選んで取得のための時間を確保しましょう。難易度の高い資格を目指すなら、やはり日々の時間と期間の確保が必要になりますが、比較的難易度の低いものであれば短期間集中すれば取れるものがほとんどです。今よりもスキルアップするために、もっと給料をもらうために、少し時間を作って資格取得を目指してみませんか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP