体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

X4 YUYA(松下優也)、ハジ→、DEEPら出演「BREAK OUT春祭2016」開催

エンタメ
X4 YUYA(松下優也)、ハジ→、DEEPら出演「BREAK OUT春祭2016」開催

1月31日東京・EX THEATER ROPPONGIにて、テレビ朝日系全国放送音楽番組「Break Out」の主催する音楽フェスティバル「BREAK OUT春祭2016」が開催された。

今回、これからの音楽シーンを熱くする期待の新星4組のアーティストが集結。更に、この春、話題のミュージカル「さよならソルシエ」から主役をつとめる、良知真次、平野良、Kimeru、そして、当日緊急参戦の小野健斗が、スペシャルトークゲストとして登場。EX THEATER ROPPONGIを舞台に、まさに、どこよりも早い「春」のお祭りをお届けした。

開演直前、突然、漫画の世界から飛び出したような男の子が6人が、ステージに現れた。この日、オープニングアクトをつとめたのが、番組の人気コーナーから生まれた、新ジャンルのイケメン男子、Candy Boy。現在、原宿のカフェで行われている、歌やダンス、お芝居を盛り込んだスペシャルショーが、相次いでSOLD OUTとなっている、注目の彼らだ。繊細で、まるでバレエを感じさせるダンスを伸びやかに踊りながら、「香るパルファム」「冬空ラプソディ」「陽のあたる窓辺」の全3曲を披露し、最後には、会場が温かな拍手で、包まれた。

まず、はじめに登場したのは、日本人離れしたメロディセンスでシーンを駆け抜ける、4人組ロックバンド、I Don’t Like Mondays.。「TOKYO BROTHERS」のイントロが、ステージに響き渡ると、Vo.悠が登場、手を掲げてリズムを取り、観客を彼らの世界へ誘う。春のセットリストの一つとして、新しいことを始める時に前向きになれる曲、「MEMORIES」を披露。観客とメンバーが一つになり、その空間は、まさにパーティーと化した。昨年末にリリースされた、キャッチーなラブソング「Girlfriend」も披露され、最後の「WE ARE YOUNG」まで、オーディエンスを気持ち良く踊らせた。」

続いて、登場したのは、EXILEの血脈を受け継ぎ、そこにブラックミュージックのスパイスを入れた男性4人組ボーカルグループ、DEEP。EXILE SHOKICHIが彼らに楽曲提供した「Don’t Stop The Music」でステージが始まり、ブラックかつ躍動するビートが特徴的なサウンドで、観客の心を掴むと、今回のイベントのテーマでセレクトした、彼らの春らしいポップ・ナンバー「希望の桜」へ。そして、息つく間もなく、彼らの定番ラブバラード「君じゃない誰かなんて〜Tejina〜」、さらに、新曲の一つ「I MISS YOU」を披露し、温かくも切ない歌詞とメロディーに思いを込めた4人のハーモニーに、会場中が酔いしれた。最後に、3月リリースされる彼らの新曲「MAYDAY」を披露。ブラックミュージック特有の高揚感溢れるグルーヴをフロアに放ち、メンバーと観客は一つになった。

次に登場したのは、愛する人への思いを背伸びなしのリアルな男心で綴る、シンガーソング・エンターテイナー、ハジ→。冒頭から、プロポーズソングとして人気の「for YOU。」をしっとりと聴かせると、そこから一転、「EVERY☆BODYww。」「踊れジャポネ→ゼ♪♪。」とアップテンポなナンバーへ。彼らしく、観客と一緒に楽しみながら歌い、観客を大いに踊らせて会場が一つになった。そして、今回、ハジ→が、春の歌で選んだのは、みんなと音楽を通して“絆”を深めたいと言ってはじまった、新曲「絆」。オーディエンス一人一人に届けるように、丁寧に、力強く歌い上げ、その歌声に、会場はハートフルな空間に包まれた。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会