体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

心臓移植直後。少年が放った「一言」に考えさせられる・・・

生活・趣味

この動画は、心臓移植手術を受けたトレバー・サリバンくん(15歳)が、術後にその心境を語ったもの。目が覚めた後の感極まった様子を父親のフィリップさんが映像に記録しました。その声と表情には胸を打たれます。

「すごくうれしい。ずっと長い間待ってたんだ。また息ができる。話ができる。最高の気分だ。こんなにイイ気分は初めてだよ」

(function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = “//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.3”; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs);}(document, ‘script’, ‘facebook-jssdk’));

My son waking up after his heart transplant on 11-13-15… https://www.facebook.com/groups/TeamTrevor/

Posted by Philip Sullivan on 2016年1月19日

「ABC News」によれば、最初に具合が悪くなったのは2014年9月のこと。フットボールの試合中に体調不良を訴えたトレバーくんでしたが、原因は分からず。それからしばらくして2015年2月、突然の心不全に見舞われました。

「gofundme」によれば、彼は地元の病院から「C.S. Mott Children’s Hospital」にヘリで運ばれました。一般的な14歳の心拍数が85-100であるのに対し、彼の心拍は180-200と激しく、薬で一時的に抑えられるものの、「生きる」ためには心臓移植を受けるほかない状態でした。

いつ訪れるともわからないドナーを待ち続け、9ヶ月が経過。もう長くはもたないと予想される中、ついに移植手術を受けられたのが2015年11月。手術は成功でした。移植された心臓の状態もよく、拒絶反応もありませんでした。母親のキンバリーさんは彼の様子を見てこうコメント。

「正直、どんな状態で起き上がるのかまったく予想できませんでした。気が狂ってしまったり、痛みでもがいたり、そんな姿を想像していたんです。だけど、とても気分が良さそうで安心しました。生まれてきた時よりも嬉しかった」

臓器提供は
素晴らしい贈りもの

動画はすでに170万再生を突破。その後トレバーくん本人はこんなことを語っています。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会