ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小橋建太、著書であの“四天王プロレス”を振り返る

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

小橋建太、著書であの“四天王プロレス”を振り返る

 全日本プロレス在籍時、故三沢光晴さん、川田利明選手、田上明さんとともに“四天王プロレス”としてリングで熱い戦いを繰り広げ、2013年に引退した元プロレスラーの小橋建太さんが、新刊『小橋健太、熱狂の四天王プロレス』(ワニブックス刊)の出版を記念し、1月30日に東京・新宿にて出版記念イベントを開催した。会場には150人ものファンが詰めかけ、熱く握手を交わしていた。
 
 イベント開始前に記者陣の取材に応じた小橋さんは、「1990年代、僕が駆け抜けた四天王プロレスといわれる時代を書きました」と内容について説明し、当時プロレスファンだった読者はもちろんのこと、「今のプロレスが好きで、僕たちを知らない人たちにも読んで、想像をしてほしい」と語った。
 四天王プロレスといえばハードな技の応酬で知られるが、今、あのプロレスをこなせそうな選手がいるかという質問には「何人かいます。ノアでいえば丸藤(正道)、杉浦(貴)。新日本でいえば棚橋(弘至)、真壁(刀義)」と4人の名前を挙げた。

 もともと昨年9月に出版される予定だったが、内容にこだわった末に1月の出版となったという『小橋健太、熱狂の四天王プロレス』。当時のプロレスの熱気を小橋さんの視点から知ることができる。
 「(自分は)なかなか結果が出ない時期があって、良い試合はするけれど“善戦マン”といわれた時代が長かったんです。でも、良い仕事をし続ければいつかは認められて、日の目を見ることがある。諦めないで続けるこということは、プロレス好きではない人でも共感してもらえると思います」と、プロレスファンではない人たちにもこの本をアピールしていた。
(新刊JP編集部)

小橋建太、著書であの“四天王プロレス”を振り返る


(新刊JP)記事関連リンク
新日の名勝負といえば?
名づけ親を蹴りまくった橋本真也
日本人が世界王者に ストリート系スポーツ“フリースタイルフットボール”とは?

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。