ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

定番のおいしさを自宅で 「フンワリ鶏団子鍋」のレシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 寒さが続くこの時期の夕餉には、身体も心も温まる鍋が最高だ。料理研究家のきじまりゅうた氏が、お財布にも優しい食材でできる「フンワリ鶏団子鍋」のレシピを紹介する

【材料】(3~4人分)
・鶏ももひき肉……300g
・酒……大さじ1
・卵……1個
・パン粉……大さじ4
・キャベツ……1/3個
・小松菜……大1/2束
・しめじ……1パック
・にんにく……1片
・昆布……10cm
・水……4カップ
・しょうゆ……大さじ3
・みりん……大さじ2と1/2
・酒……大さじ2と1/2

【作り方】
(1)鍋に昆布と分量の水を入れ、昆布がやわらかくなるまでおく。

(2)キャベツはくし形に切って半分の長さに切り、芯は取り除く。小松菜は葉と軸に分け、4cm長さに切る。しめじは石づきを取ってほぐす。にんにくは縦半分に切って芯を除き、半分に切る。

(3)鶏団子のタネを作る。ボウルにひき肉を入れて手でよく練り、酒、卵、パン粉を加えてさらに練る。

(4)(1)の鍋を火にかけ、煮立つ直前に昆布を取り出し、にんにくとしめじを入れ、再び煮立ったらしょうゆ、みりん、酒で調味する。

(5)(3)を一口大に丸めて(4)の鍋に落とし入れ、表面が白っぽくなって火が通ったら、キャベツ、小松菜の軸を順に入れて煮る。全体に火が通ったら小松菜の葉を加えてさっと煮る。

 シメは雑炊。ご飯をザルに入れてさっと洗ってぬめりを落とし、残った煮汁で煮て、溶き卵を回し入れて半熟に火を通す。あれば、細ねぎの小口切りをふる。

※週刊ポスト2016年2月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
小松菜生産量年間約4万トンで日本一の東京23区のある区とは
90才料理研究家宅に100年伝わる「さらさらカレー」の作り方
自家製めんつゆとトマトソースで作るナポリタン風焼きそば

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP