ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

史上最年少「福男」 様々な縁生まれ福は皆におすそ分けしたい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1月10日早朝、開門と同時に本殿に向かって230mを猛ダッシュする男たち――毎年恒例となった「福男」選びは、今年も兵庫県西宮市にある西宮神社で行われた。

 参加者約6000人のなかで見事、「一番福」に輝いたのは、西宮市に住む16才の高校生、水田道成さん。16才の一番福は史上最年少、また、スタートから10人以上の“ごぼう抜き”も話題になった。

 福男はその年の福を集め、周囲に「福を与える」といわれている。水田さんは、会見で「お世話になった人に福を分け与えたい」と話していたが、厚かましくも、本誌も“福を分けてほしい!”ということで、節分を前に、福をもらいに行ってきちゃいました!

“最年少福男”を狙って、一昨年、14才の時から挑戦していた水田さんは、神戸市内でも有数の進学校に通う、身長171cmのスリムでしなやかなイケメンだ。

「一昨年と去年は、抽せんに漏れて走ることすらできなかったんです」(水田さん、以下「」内同)と言い、今回の結果は喜びもひとしお。そう、福男選びは参加者6000人といっても、走れたのは抽せんに当たった約1500人(先頭集団である「A」は108名、次のグループ「B」は150名、後方グループ「C」はその残りの参加者)と、先頭集団で走れる時点ですでに福をもっているといっても過言ではない。

◆福を使い切っちゃったかなと不安になった

 陸上部に所属する水田さんにとっては力試しでもあった。

「中学の時は100mとか200mとかの短距離をやっていました。高校では400mに転向し、市内で3位になったり結構頑張ってます。

 陸上以外だと音楽を聴くのが好きで、最近炎上しちゃってますけど(笑い)、ゲスの極み乙女。が好きです。センスがいいと思うんですよね。最近は忙しくてあまり行っていないけど、カラオケでもよく歌います」

 抽せんで引いた数字は「A43」。福男選びは、その数字順にスタート位置を選ぶことができる。

「当日は家でゆっくりお風呂に入ってご飯食べて21時頃に神社に行きました。屋台とかも出てるけど、並んでいるうちに閉まってしまってお腹が空いちゃうから、今年はちゃんと家で食べていった。

 43番を引いて、スタートの位置を選ぶことになって、見るとまだ2列目が空いていたのでそこを選びました。もしかしたらいけるかも、とその時ちょっと思いました。一緒に行った友達は抽せんで外れちゃって、『お前だけ当てやがって!』と言いながらも、近くのファミレスで待っててくれたんです。

 走り始めてからはもう夢中でしたが、道なりに走ってしまうとタイムロスなので、コーナーを狙って緩急つけながら、スピーディーかつ丁寧に走りました。ゴールして“一番や!”と言われたときは、“今年1年どうなるんだろう”“福を使い切ってしまったかも”と不安というか、ちょっとビビっちゃいました」

 記念賞品として、日本酒や米俵(60kg)、コーヒーやお茶などを受け取り、写真撮影、新聞・テレビの記者会見などをこなし、協力企業を回るなど、その日家に帰れたのは夕方になってから。

「企業を回ったり、挨拶に行くときは“今朝とれたての福男がきました!”と紹介されて、皆さん喜んでくれました。前夜は徹夜で待機していたので、午後2時過ぎに解放された後は、くたくたで移動中もずっと寝てました。家に帰ると、両親もテレビを見て喜んでくれていろんな人から連絡があり、いい思いをさせてもらいましたね」

 一番福に輝いてからは周りに福を分け与える日々という。

「翌日に学校に行ったら、黒板に“福男”と大きく書かれていて笑っちゃいました。(1月16日、17日に行われた)センター試験の前日には、先輩たちが“福もらうぞ”って、すれ違うたびに触っていきました(笑い)。

 先日は、神社の関係のかたから依頼があって結婚式にサプライズ出演させてもらったり、いろんなご縁ができてうれしいです。福はみんなにおすそ分けして、ぼく自身は実力で陸上も勉強も頑張りたいです。今回のことは本当に自信になりました。これからも頑張ります!」

※女性セブン2016年2月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
話題沸騰の「そでねこ」 実は幸運を引き寄せる「招き猫」説
海老蔵・麻央夫妻 故・中村富十郎さんの告別式での喪服姿
初詣 神社では未来の願い事を、寺では過去についての反省を

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP