ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Kalafina、ツアーファイナルで国内・海外最大規模となるライブ開催をサプライズ発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Kalafinaが、全国ツアー「Kalafina LIVE TOUR 2015〜2016 “far on the water”」ファイナル公演を2016年1月30日・31日に東京国際フォーラム ホールAにて開催した。

ライブでは最新アルバムの楽曲を中心に24曲を披露し、会場内はツアーファイナルに等しい熱気で大盛況となった。また、31日の公演では、サプライズとして2016年9月10日・11日にKalafina初のアリーナライブとなる神戸・ワールド記念ホールでの2days開催を発表した。

さらに中国主催のイベント「上海之春国際音楽祭」の一環として上海文化廣場にて行われるコンサートに2016年5月10日出演することも発表。こちらはKalafina海外史上最大級のスケールで行われる。

上海之春国際音楽祭とは、中国の音楽祭の中でもっとも歴史が古く最大規模の音楽祭で、前身は1960年代に開始された国際音楽舞踊月間だった。上海市文化広播影視管理局(政府部門)、上海市文学芸術連合会、上海市文化広播影視集団有限会社が主催し、国際文化交流や文化芸術の人材育成等を目的に毎年世界屈指のオーケストラから青少年楽団まで、多様なプログラムで開催されているイベントとなっている。

日本からは過去に東儀秀樹氏などが参加しているが、今回のようなアニメソング等を歌唱するアーティストがこの芸術祭に参加するのは初めてとなる。

<「Kalafina LIVE TOUR 2015〜2016 “far on the water” Special FINAL」セットリスト>(2016年1月30日・31日共通)
M-01. こいびとの昔語りの夕暮れの
M-02. monochrome
M-03. 五月の魔法
M-04. 空色の椅子
M-05. lapis
M-06. 輝く空の静寂には
M-07. むすんでひらく
M-08. storia
M-09. misterioso
M-10. One Light
M-11. Piano Solo 〜 nightmare ballet
M-12. into the water 〜 in every nothing
M-13. 闇の唄
M-14. believe
M-15. 灯影
M-16. うすむらさき
M-17. identify
M-18. signal
M-19. 音楽
M-20. heavenly blue
M-21. ひかりふる(30日) / seventh heaven(31日)
EC-01. ring your bell(in the silence) 〜 ring your bell
EC-02. 真昼
EC-03. far on the water

ライブ情報
アリーナライブ決定「Kalafina Arena LIVE 2016(仮)」
日程:2016年9月10日(土)・11日(日)
場所:神戸・ワールド記念ホール(神戸ポートアイランドホール)

日程:2016年9月16日(金)・17日(土)
場所:東京・日本武道館

上海公演・上海之春国際音楽祭「Kalafina LIVE 2016 “far on the water” in Shanghai」
日程:2016年5月10日(火)
場所:中国・上海文化廣場

関連リンク

Kalafina OFFICIAL WEBSITEhttp://www.kalafina.jp/
Kalafina Official YouTube Channel:http://www.youtube.com/kalafinaSMEJ
■Kalafina Official Bloghttp://lineblog.me/kalafina/
■Kalafina LINE ID:@kalafina
■Kalafina Staff Official twitterhttps://twitter.com/Kalafina_Staff
■Kalafinaアーティストアプリ
<Android>https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.sonymusic.artist.kalafina
<iPhone>https://itunes.apple.com/us/app/kalafina-gong-shiatisutoapuri/id532479887?l=ja&ls=1&mt=8

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP