ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホのナビ情報を車のフロントガラスに!「Carloudy」は音声コマンドにも対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマホのナビアプリは便利だ。精度の向上や機能拡充で、最近では高価な車載ナビの代わりにスマホを使っている人も多いだろう。

しかし、運転中に手元のスマホをチェックするのは危険だし、ダッシュボードにホルダーを付けるのは美観上できれば避けたい。

そこで、スマホのナビをワイヤレスでフロントガラスに投影できるヘッドアップディスプレー「Carloudy」を紹介しよう。

・明るいところでもはっきりと

Carloudyはダッシュボードに置き、スマホのナビ情報をフロントガラスに投影してドライバーに見えるようにする。この技術は特に目新しいものではなく、他のメーカーからすでにヘッドアップディスプレー(HUD)は商品化されている。

Carloudyの優れている点は、日が当たっても情報がはっきりと見えること。別の言い方をすれば、HUDは日差しがあるところでは見づらいのだ。

この難点をCarloudyは電子インクの活用でクリアしている。これについては現在特許を出願しているとのこと。

もちろん、暗いところでも問題はない。センサーにより自動でバックライトがつき、ドライバーは情報をはっきりと確認できる。

・音声コマンドで安全運転!

また、CarloudyとスマホはBluetoothで連携し、完全ワイヤレスというのもセールスポイント。ケーブルを使う必要がないのですっきりするし、どの車でもダッシュボードにただ置くだけで使用できる。

そして音声コマンドに対応するので、安全運転にも一役かう。運転中、いちいちスマホを操作することなく目的地の変更や、周辺のガソリンスタンド検索なども音声でできる。

・出資は2月14日まで

車載ナビに取って代わりそうなこのHUD、現在クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を募集中で、今なら179ドル(約2万1600円)〜で入手できる。

すでに目標額の2倍超を集めていて、商品化は確実な情勢。出資期限は2月14日と迫っているので、気になる人は至急チェック!

Carloudy/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP